■講座内容と日程
■プロフィール

ひさごん

ひさごん

生活クラブ浦和の「近現代史連続講座」 善方一夫先生の講座のレポートです。

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■過去ログ
■カウンター
■戦争の作り方

戦争の作り方

■Keep9

banner

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
平塚らいてう(1) と 近衛文麿の論文
4月9日の講座のまとめです。

明治という時代が女性にとってどんな時代だったのか、から入っていきました。
武家社会のシステムを取り入れ男尊女卑が日本全土に広まったのは明治時代からなのです。
そんな中、恵まれた環境に育ったらいてうは時代に逆らって生きてゆきます。
らいてうのお父さんがとってもユニーク。俗物かと思いきや次の回で事件を起こしたらいてうを人間性を尊重した対応をしたりします。

新しい女性たち 平塚らいてう(1)

第二次世界大戦前の日本が何故大陸進出に向かっていったのか・・・
近衛文麿の論文を読むとそれが当然であるかの論調で、当時の世界からの非難されていることや、国内の空気が伝わってくるようです。

近衛文麿「世界の現状を改造せよ」=偽善的平和論を排撃せよ=



スポンサーサイト
人物 | 20:01:38
足尾鉱毒事件と田中正造
田中正造は国を愛し国民を愛し、自分の全てを投げ打って公害を告発しやめさせようとしました。
その頃の銅山というのは富国のために国家と産業ががむしゃらに生産を進め、その認識もないまま公害をばらまいていました。これを告発すると言うことは国家を敵に回すということなのでした。
民衆は、一時的に熱狂し支持しましたが最後は彼を変人とみなして忘れ去ってゆき最期はとても寂しいものでした。
命を賭けてまで民衆を守ろうとした政治家の姿をいつまでも記憶にとどめていたいと思います。

足尾鉱毒事件と田中正造

人物 | 20:44:18
石川啄木と大逆事件
石川啄木は天才です。
でも家族にとっては天災だったかも。
でもあの純粋な魂は時代の本質的なものまで見据えていました。

石川啄木と大逆事件

人物 | 10:23:46
与謝野晶子と山川登美子
この回を読んで山川登美子の遠縁の方からメールをいただきました。
まとめていても鉄幹と三人の息遣いが聞こえてきそうな、
あの時代の息吹を感じられるような気がしました。
歌にやどった彼女達の想いは、たとえ人が死んだとしてもずっと後の世までも生き続けるのでした。

与謝野晶子と山川登美子

人物 | 10:14:25
ロマン主義 与謝野晶子とその時代
文学は時代に影響され人々の心を写しています。
生きることを高らかにうたったロマン主義。
そこに花開いた与謝野晶子を文学青年だった善方先生が熱をこめて語ってくださいました。

ロマン主義 与謝野晶子とその時代

人物 | 10:10:38

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。