■講座内容と日程
■プロフィール

ひさごん

ひさごん

生活クラブ浦和の「近現代史連続講座」 善方一夫先生の講座のレポートです。

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■過去ログ
■カウンター
■戦争の作り方

戦争の作り方

■Keep9

banner

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
日露戦争後の日本と世界の情勢
どうして日本は焦って富国強兵したのでしょう。
その頃のヨーロッパはイギリス・フランス・ドイツ・ロシアが競って領土を拡げるための争いを繰りひろげていました。
鎖国していた日本は優秀な若者たちが世界を見て、日本の後進性に焦りを覚え、大慌てで日本を植民地にされないよう、植民地にする側の国へ変わろうとしたのが明治維新なのです。
ロシアがバルカン半島への進出に失敗し極東に目を向けた時、そこには日本が立ちはだかっていました。そして日露戦争で日本は勝利します。
日本もまた世界を破滅へと誘う帝国主義のわだちにはまり抜け出せなくなってゆきます。

日露戦争後の日本と世界の情勢

スポンサーサイト
第一次世界大戦 | 22:16:30
軍人勅諭と第一次世界大戦参戦
昨年7月24日の分はお忙しいOさんがコツコツと時間を割いて纏めてくださいました。
軍人勅諭がどういうものであったのかを学ぶことによって国家が兵隊に望むことが見えてきます。

軍人勅諭と第一次世界大戦参戦

第一次世界大戦 | 18:33:05

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。