■講座内容と日程
■プロフィール

ひさごん

ひさごん

生活クラブ浦和の「近現代史連続講座」 善方一夫先生の講座のレポートです。

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■過去ログ
■カウンター
■戦争の作り方

戦争の作り方

■Keep9

banner

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
昭和恐慌 その2
農業恐慌 ~農村の崩壊~

★日本の産業の主体は農業だったので農業恐慌=農業恐慌

1930年 農林漁業労働者総数 約1030万人(全有業者の34.1%)
      俸給生活者       約160万人 ( 〃      5.4%)

※明治以降の資料を見ると、作られた数字が多いので注意が必要

★生糸価格の暴落

   30年前比 生糸一俵 40%安(1315円→797円)
   春繭 50%安  夏・秋繭70%安

★米価…豊作貧乏(10%の豊作)

   米価一石の値段   7月 30円30銭 → 10月 14円
      〃  の生産費  (27~28円)

  財閥系商社は内地米より10~20%安い朝鮮米や台湾米を
  無制限に移入して利益を得た(ひともうけ)

  政府は低賃金保障(産業の合理化政策)のため低米価を放置
  (より安い米で失業者は食いつなげられるので)
  
★都市失業者に帰農促進

  電車賃がないので線路づいたいに歩いて帰った
  民家のゴミ箱をあさり、寺社の軒先で雨露をしのぎ
  帰っても当時は子沢山で歓迎されなかった

  棄民として多くの人が国に見捨てられた

★各地の惨状

  ・新潟   1反10俵=50円 5反百姓 205円 実収入125円
         当時の都会のOLの年収と同じ

  ・茨城   1戸あたり米生産量平均 24俵
         12俵6000円が10人家族の年間生活費

  ・長野   農家一戸あたり負債平均837円

  ・福島   小名浜の代用教員、給料もらえず妻子抱えて困窮
         東京の妹に会いに行くが妹は行方不明
         死のうとするが果たさず、前歯の金歯3本を売って
         飢えをしのいでいる

         ある小作農が正月に隣村の親戚で米5升(7.5k)借り
         3日前から何も食べてない隣家の7人家族の母親に
         米5合貸した。5合で作った粥を「貸したらこちらがへたばる」
         と鍋ごと持ち帰ると粥を作った母親は気が狂い
         4人の子供を井戸に投げ込み自殺した

  ・青森   南部馬の価格が下がり売れたとしても1頭あたり100円損失

       ※ 1930年(S5)豊作貧乏 
       ※ 1931年(S6)凶作飢饉
       ※ 1934年(S9)東北大冷害 
            ↓
       娘の身売り広がる
       52,444人(女中19,244人 女給3,211人 芸妓2,196人)

★売られた娘たち

  ・青森 朝日新聞34年12月1日の記事
       “十四娘を売った金四十円 家と化す 冬篭りの窮農を訪う”

       ▽450円で娘は売れたが

       ▲300円は娼妓屋へ5年契約で払う
        ・100円は一本立ちの際の費用、
           ・50円は着物代、
           ・22円50銭は周旋料
           ・127円50銭は周旋屋と父と娘の旅費食費
       ▲借金返済70円
       ▲家の購入50円
       ▲その他40円     
           
              ↓
         全く何も残らなかった

  ・山形
      最上郡西小国村 15~24歳の娘467人中、身売り110名
                 うち女中酌婦150名(売春に55.7%)

      A子の売られた代金 5年契約で1200円 
         〃    稼ぎ高 4年間で1万円以上 → ほとんど取られた

      たとえ救済されてももう百姓も出来ないしごく潰しで迷惑

★埼玉県、浦和・大宮・羽生・北足立郡の農村地帯

  ・1929年(S4)7.10 北足立郡35町村の農民救済陳情団上京

    この農民のほとんどは小作農ではなく自作農の上層や小地主
    (そんな恵まれたはずの階層までも苦しかった)

  ・1932年(S7) 恐慌おさまりつつあった農家の実態

    農家一戸あたりの負債額 605円 
    負債農家数124,392戸(全農家の75%) 

    北安達郡井泉村(羽生市)の負債返済方アンケート(75戸中71戸)
      家計きりつめ(11) 経営改善(10) 農産物価格騰貴をまつ(9)  
      土地売却(6) 養蚕収入で(5) 見込みなし(4) 家族総出で(4)
      余剰収入(4) 毎年返済(3) 米、麦の売り上げ代(2)
      生命保険満期で(1) 子供の成長後(1) 子供を売る(1)
      子供を他人に委託(1) 窮乏に耐える(1) 山林の売却(1)
      豊作のとき(1) その他(6)
                       『協調会「井泉村勢概要」1933』

★議会対応 1932年(S7)8 第63回帝国議会

    危局匡救費(土木事業の拡大)軍部の強い要求で実現
    (消耗品である軍人の供給地の農村を救うため)

    総額8億円で農村所得の20%引き上げ効果はあったが34年打ち切り

    林陸相「農村問題のために軍事費を投げ出して銃後の力を養うことは
      目下の事情では許されざるところだ」(満州事変で軍事費増大)

農業恐慌下の秋田の青年三教師の取り組み
1928年(S3)4.1秋田県南の銘酒醸造で知られている湯沢町の女子小学校に二人の教師 加藤忠右衛門と、佐藤維四郎が赴任してきた。
真面目で信頼できる二人を見込んで秋田師範の先輩の庫山寛一が三人で「新興教育」の読者グループを作って社会科学の学びを深めた。

「新興教育」とは日本のプロレタリア教育研究のために1930.8に新興教育研究所(新教)が創立され、その機関紙として9月に創刊された。
当時「新興教育」の読者であることがばれたら校長や警察に赤い教師のレッテルを貼られた。

当時の秋田の様子

加藤と佐藤は、子どもたちに現実の生活をはっきり見る目を持つように指導していった。そんな中から生まれた児童詩。

「工夫(こうふ)」 六年竹組 藤原 よね
 
 まっくろい顔
 ひげだらけな顔
 工夫たちは汗だらけになって
 働いている。
 じりじりとてる午後の陽を浴びて
 苦しげに働いている。
 父は工夫であった。
 父は死んだ。
 父もやっぱりこうして働いたのだ。
 

恐慌のせいで欠食児童や身売り、出稼ぎの子が増えた。
佐藤の受け持ちの子どもの中のO子が身売りされたと聞いて、何もしてやれない無力さにつらく情けなく感じた。

1930年秋の庫山の公開授業は衝撃的であった

公開授業で取り扱われた児童文は、農村の一人の日雇い農業労働者が、多くの家族をかかえて、生活苦のために、首をくくって死んだことが書かれていた。
庫山は綴り方が文芸主義的な『赤い鳥』の児童文のような傾向を追ったり、童心主義に傾斜するのに対して批判的。
子どもたちをとりまく農村の現実、農民生活の実態に教師が目を向けないで避けて通ることは真実の教育を求める教師として出来ないと考えたが、決して「こうした社会が悪いし、政治が悪い」というイデオロギー教育はしなかった。
子どもに事実を見つめさせ、子どもらしい考えを言わせるにとどめて安直に教師の思想をのべて強制するようなことはしなかった。


「新興教育」の主張

「教育勅語」を金科玉条とする絶対主義の皇国教育は国民を生かす教育ではない。社会が階級社会である限り、教育は支配階級に奉仕する教育となる。
「新興教育」が創刊されるとまじめに教育を考えて悩んでいた教師たちがとびつくようにして買い、むさぼり読んだ。

教員組合が出来て

3号(11月号)に「教師は労働者であるから教育労働組合を組織して人権を守らなければならない」という論文をのせて治安維持法にふれて発売禁止になった。
実際に11月に日本教育労働者組合がこっそり結成されて秋田県でも1931年1月18日に結成された。

しかし当局に知れて二月上旬に秋田支部第一次組合員らの工藤ら五人は検挙され首になり農民組合運動に参加した。
工藤らは公判で教員の人権を求めて陳述し全員起訴猶予となった。

庫山らは「教労」の組織に参加し秋田支部を再建したが、教師の権利よりもまず子どもたちの生存を優先した。

加藤、佐藤と庫山の教育実践

郷土の調査をすることにより社会のしくみや労働というものの意味を子どもなりに考えさせた。
働くものが機械や現場の主人公であるためには、科学、技術の習得の必要性とそのための基礎教育のひとつとしての職場実習が必要。

学芸会では貧しい家の子たちにもみんな出すべきと主張し、見る人によっては「反戦」の劇を上演した。


欠食貧困児童への取り組み

佐藤は戦後にこう述懐した「当時の教育が、万国にすぐれている国体を守ることの強制であり、それが教え子たちのみじめな貧しさとともにあった、という事実である」と。

当時は学校給食がなかった。加藤、佐藤、庫山らは欠食児童の昼食支給の要求を学校内の問題として出した。
それによって農民組合の農民たちが教員の運動と手を結び、子どもの教育を民主的なものに変えてゆく重要さを知った。

三人は給食を受ける生徒が卑屈にならないよう配慮しつつ給食を実践した。

欠食児童や教員の給与不払いの問題の根本には「満州事変」なる中国侵略戦争の本質、帝国主義の問題があると認識していた。
加藤はその実態調査を全国組織的におこなうこと、実情を正確につかみとることを提案した。
その数をつかむとともに、その家庭の状態を家庭訪問して調査しようとした。
そして貧困児童・欠食児童に対してどう対策をたてているのかと問いかけた。
佐藤が加藤のことを「子どもたちへの愛情から社会を変えなければいけない。そのために自分がやらなければならぬことだ」と決めたのだと思うと語っている。

治安維持法による弾圧

1932(S7)11月10日 秋田県南の全国農民組合の組織に一斉検挙。
      12月10日 「新教」秋田支部の組織に検挙の手が伸びた
             検挙総数は99名 起訴は23名
             庫山、加藤、佐藤の三名は懲戒免職、
             そのほかは諭旨退職

 庫山らは「新教」関係は肯定し、
 非合法で罪の重い「教労」については絶対に秘密にした

 処分未決定のまま4ヶ月間も拘留されたが
 1933年「起訴留保と決定釈放される
 (今後非合法活動しない旨の誓約書かかされる)

「赤化教員事件」とはなにか

きちんとした教育をやっている教師が共産主義とレッテルを貼られて弾圧された

支配権力は、外への侵略と同時に、国内の抵抗運動を激しく取り締まり弾圧した
全国各地におこった「赤化教員事件」は支配権力の「日本の危機感」の表れの一つであった
彼らは真実をこどもんみ教えられるのを恐れた



スポンサーサイト
昭和 | 22:26:47 | Trackback(0) | Comments(2)
昭和恐慌 その2(前段)
悲しみの善方先生
 先日長い付き合いの
 私と同じ生き方をしていた56歳の教師が
 急性の癌で亡くなったと電話をいただいて
 教会の前夜祈祷会に行ってきました。
 私が京都へ行った後を
 託そうとしていたのですが…
 大変ショックを受けています…


昨日夜立川にミュージカル「ロラ・マシン物語」を観に行きました。
プロではない一般市民が100人出演していて本当に感動しました。
その一人は川口女子校時代の7歳年下の女性の方も出ていて
あと二人の教員仲間と観てきました。
帰りにつくづく「いい仲間に恵まれることが一番の財産」だと。

ロラ・マシン物語
ロラ・マシン物語


ロラ・マシン(トマサ・サリノグさん)とはどんな人?

戦時中、母親のいないロラ・マシン(トマサ・サリノグさん)は
日本兵に連行されそうになり
止めに入った父親は首を切り落とされてしまい、
ロラは日本軍の従軍慰安婦になる。
彼女は日本軍の性奴隷制度について日本政府を訴えるが
政府は国家としては保証しないで民間で寄付を集め送ろうとした。

 1993年 4月  東京地裁に提訴。
 1995年    日本政府が設立した財団法人
          「女性のためのアジア平和国民基金」
          一人200万円の「償い金」の受け取りを拒否。
 1998年10月 地裁は棄却。
 2000年12月、女性国際戦犯法廷にて証言。
 2003年12月 最高裁で上告棄却・上告受理棄却、敗訴確定。

 2007年4月死去。

女性基金の寄付を断る手紙

2001年4月4日
アジア女性基金 松田さま

 平和をお祈り申し上げます。
 2000年12月、わたしは東京で「女性国際戦犯法廷」に参加し、正義が達成されたという感覚を、やっと感じることができました。これまでは決して感じることのなかった気持ちでした。
わたしはまた、アジア女性基金が提供してくださるという償い金では、わたしが女性として受けた権利の侵害、わたしに対して犯された重大な諸犯罪は、決して埋め合わせにはなり得ないことにも気づきました。日本政府 は、戦争中に日本軍がわたしの父やわたしに対して行ったことについて責任を問われるべきです。

 わたしは今や貧しく年老いた女性です。必要なものはあまりありません。一人暮らしで、毎日その日を何とかやっていこうとしています。
年老いたわたしに今必要なのは、残りの日々を平和な気持ちで暮らすことです。お金は、どんな額であっても、わたしの父の死や、わたしの未来が失われたこと、夢が果たされずに終わったことの償いにはなり得ません。

 わたしは1992年に「慰安婦」として名乗り出ました。正義を求めたこの10年の苦闘の後、「女性国際戦犯法廷」が、ずっと思い焦がれてきた正義をわたしに与えてくれました。わたしたちに耳を傾け、真実を求めてわたしたちに尊厳を返してくれた裁判所は、これが初めてでした。

 わたしは、松田さんからお勧め受けたアジア女性基金のお申し出を、受けとらないことに決めました。これでわたしは、残された日々を、正しいと思うことのために自分は立ち上がったのだと満たされた気持ちで生きていくことができます。

 どうぞご理解いただけますように。ご親切なお申し出をありがとうございました。

トマサ・D・サリノグ

ロラマシンの安部首相への手紙

2007年3月28日
内閣総理大臣 安部晋三首相 様

 わたしはフィリピン、アンティケ州サン・ホセ市の住人で、現在78歳のトマサ・サリノグと申します。
 1942年に日本兵士たちがアンティケ州サン・ホセ市の私たちの家に強制侵入したとき、わたしは13歳で、一人娘として父と二人で暮らしていました。
わたしの父は、兵士たちが私を連れ去るのを防ごうとして兵士たちに殺害されました。

 それから約2年間、わたしは日本 兵士たちによって奴隷として監禁され、強かん、虐待されました。
日本 兵士たちはわたしから唯一の家族を奪いました。
わたしは赤貧の中、一人ぼっちとなり、面倒をみてくれる人もいなくなったため、学校に戻ることはできず、生き延びるために働かなければなりませんでした。
戦争と性奴隷制によって、わたしの人生と将来は破壊されました。

 わたしは今や年老い健康も蝕まれています。
日本兵士による虐待と、生き延びるために余儀なくされた重労働によって負った病は、今も続き深刻さを増しています。

 わたしは貧しく健康を害する中で、アジア女性基金の受け取りを拒否しました。
アジア女性基金によるつぐない金では、わたしへの女性の人権の侵害と深刻な犯罪を償うことはできません。
日本軍がわたしの父親とわたしに対して行った行為に対して、日本政府は責任をとらなければなりません。

 安倍首相、わたしたちが語った真実を認めるよう、あなたへ要請します。
それが、わたしが祈り求めてきた正義です。
わたしたちは日本の平和への取り組みについて知っていますが、正義がなければ世界で平和は実現されません。
わたしが死ぬ前に正義が実現されることを願います。

トマサ・サリノグ


この手紙の翌月彼女は亡くなった。


 

長くなるのでひとまず一区切り 続く

昭和 | 21:09:07 | Comments(0)
昭和恐慌 その1

九条世界会議

九条世界会議に最初の日だけ参加しました。
びっくりしましたのは、すごい人で駅で階段を降りられなかったのです。
12時半開場で1時始まりということで12時40分ごろ行ったのですが
会場の周りは行列で幕張メッセは1万人収容ということでしたが、
一番後ろの高い席にやっと一つ空きを見つけました。
1時から休憩時間を挟みまして7時まで6時間でしたが
全体会で各国の代表の方たちが九条を世界の財産にしてゆこうと。
広島からの(ピースゥオーク)徒歩の方が1200キロの沿道の様子など。
会場の外には3000人の人たちが溢れていたそうです。
分科会もよかったです。

残念だったのは帰ってきてテレビを見ても取り上げられませんでした。
新聞では朝日が少しだけ。
マスコミではほとんど報道されませんでした。
やはり後ろからの圧力があるのではないかと。
昭和の十年代の言論抑圧の時代に似てきたような気がします。

ただ、会場には右翼が全然いませんでした。
いろんな集会に出させていただきましたが、
この大会ほど感動したことはありませんでした。
私の隣の方は長野からバスを乗り継ぎ来ていらしたのですが
本当に皆さんが熱心に耳を傾けながら
自分たちの思いを更に高めていこうとしていたのに
マスコミがこれを報道しなかったのは本当に残念でした。



アメリカから始まった世界恐慌

★世界恐慌の始まりと日本

1929.10.24 ニューヨーク市場で株式の大暴落

1929.11.21 金解禁の大蔵省令公布

 日本では正貨(金貨)補充のため、アメリカのクレジットを得る必要から
 まず為替の安定をはかり一等国を志向する立場から
 金本位制はこれ以上遅延は出来ない。

 アメリカで株式の大暴落があるということは金利が安くなることで
 日本が支払う利子が安くなるという目論見から
 日本は世界恐慌への思いが至らないまま金解禁をしてしまった。
 不景気はすぐ回復すると甘い観測。

         ↓

   恐ろしい貧困が日本を襲う

★アメリカの恐慌が世界恐慌の引き金

 アメリカはかつて一度も戦場にならなかった。
 アメリカは戦争によって経済発展を遂げてきた国。

 2~3週間で株価の下落により300億ドルの損失だったが
 アメリカが第一次世界大戦で欧州に送り込んだ金額で
 当時発行していた国債のおよそ2倍以上の損害。
 好況のアメリカでさえこうむった大きな打撃が恐慌の原因。

 当時のフーバー大統領はすぐに回復すると甘い見通し。

 自動車王のヘンリー・フォードも甘い観測。

★当時のアメリカの経済と恐慌への道筋

 1)1920年代はアメリカ資本主義市場が活況に満ちた時代

   アメリカの独占資本主義

   経済発展を主導したのは自動車・電機・住宅産業

    ・自動車数 1920年 900万台

           1929年 2500万台 4人に1人車所持

   自動車の普及で道路ハイゥエイの建設が進み
   郊外に住宅建設ラッシュ

   ガス電機などの公益事業の発展で電気製品普及
   冷蔵庫、掃除機が一般家庭に出回り始めた。

   (※日本では50年代後半から60年代)

 2)27年ごろより過剰生産、操業短縮が行われたが
   独占大企業が独占価格を設定し値下げしなかったので
   製品の値段は下がらず需要も増えず経済は不況へ

 3)所得の不平等な分配から所得格差が広がり
   29年には総人口の5%が全個人所得の1/3を占有
   農民所得は労働者賃金ほどに伸びず工業発展を制約

   (※20年代の農業は世界的に慢性的不況状況)

 4)失業者の増大 ~30年代 430万人

              33年5月 1295万人
             (失業率25.6% 4人に1人が失業)

   職を維持できた人でも賃金の切り下げを甘んじて受ける

★アメリカ恐慌の原因と流れ

   1925(大暴落の4年前) 
       イギリスが戦争中は維持できずにやめていたの金本位に復帰     
             ↓
       イギリス経済を支えるためにアメリカは低金利で資本投下

   1928終わり~1929秋ごろ アメリカ政府金利の引き上げ
             ↓
        外国の資金がアメリカ金融市場に流れ込む
             ↓
        アメリカの株価が上がる
             ↓
        ウェイトレスやボーイなど低賃金労働者まで株を買い
        株売買盛んになり10月大暴落で損失
             ↓
        大量の放浪者が出る


★アメリカ各地の様子

   2500万人の家族と20万人の単身者が職を求めて放浪。
   週休13ドルの職を紹介してくれたら10ドルお礼します
   という人が現れた。 
   ニューヨークの街角では大人にまじって林檎を売ったり
   靴磨きをして日銭を稼いだ。
   レストランの外では職にあぶれた人たちが
   残り物を捨てられるのを待って長蛇の列を作った。

   オクラホマ、テキサス、アーカンソー、ルイジアナなのどの週では
   大量の綿花が畠で腐るにまかされて
   自作農から小作農に転落する農民もでて来た。
   極貧の家族が綿花栽培の農場に職を求めて900マイル(1440K)
   歩き続けた。(東京・博多間の距離)

アメリカの恐慌の実相
  

★アメリカの民衆の動き

 新しい政治勢力としてのきっかけとなる動き

 1930.3.6 アメリカ国内でおよそ100万人を越える民衆がデモ
       アメリカの青年共産同盟がデモを計画した
    
       石垣綾子「さらばわがアメリカ」といいう自叙伝の中の記述
       「飢餓反対」「職を与えよ」「パンを与えよ」「飢えるな」「戦え」
       「戦争とファシズム反対」などのプラカード

       政府は武装警官、騎馬警官、消防士たちによって鎮圧

 1931.12 ワシントンに向けて各地からデモ行進が起きる

 1932.7  ボーナスマーチ(約束の恩給)を寄越せという帰還兵士たち
        ワシントンに向けて行進
        在郷軍人たち要求貫徹のために小屋で2万人近く泊り込み
        議会で支払い能力がないので支払わないと議決
        1割の2000人残っていたが大統領命令で軍隊出動
        小屋を焼き払った指揮官はダグラス・マッカーサー

                * * * *

 アメリカの農民の平均年収は半分以下に減ってしまい
 1929~1933 農民100万を越す人たちが財産を失った。

 アイオワ州の農民たちは小麦を国に売らないとレジスタンスおこす

 農民たちは中小農家の借金を棒引き、小作農の地代と租税を安くする、
 黒人抑圧の政策撤廃を自分たちの課題として主張してゆく

                * * * *
  
 農民たちの動きがニューディール政策の原動力となっていった。

 日本では天皇制という障壁のため民衆の動きがなかった。 

★ヨーロッパへ不況が飛び火

   アメリカはヨーロッパ向けの短期融資引き上げ
   新しい貸付を中止したことでヨーロッパ経済を圧迫
                
           ↓
    1931.5 オーストリアのクレジット・アンシュタルト破綻
    1931.7 ドイツ第二の大銀行ダナート休業

    イギリスにも影響

★もうひとつの引き金「ソ連」

 当時ヨーロッパ市場で小麦が過剰な状態。
 ソ連の大量の過剰生産の値引き小麦が流れ込む。
 農産物の価格が世界的に暴落してゆく。
          ↓
 ヨーロッパからも世界に恐慌が広がっていった
 
★アメリカの金融恐慌と対応

 株式の暴落の二年後の1931年末までに
 アメリカ国内の3700あまりの銀行が休業へ

 共和党から民主党にかわりルーズベルトが景気回復のために
 ニューディール政策を実施する

 小さな政府から大きな政府となり公共事業で経済活性化する

日本の恐慌 1930(S5)1~

★金解禁をし金流出とドル買い

1930.1.11 金解禁

       日本経済の国際競争力の回復と為替相場の安定と
       貿易の拡大を狙って実施

       1円=金2分(0.75g) 100円=金75g
       (旧平価100円=49ドル84.5セント) ←こちらで解禁
       (新平価100円=44ドル50セント)

       現実には金でなく為替レートで支払う
       貿易商たちは円をドルに変える
       ドルの需要が増えてドル高円安になってゆく
       国内で金が交換されどんどん海外に流出してゆく
             ↓

       解禁後 5ヶ月(30.1~5) 2億2000万円 流出
       30年末までに        8000万円 流出

       32.1までに総額4億5000万円流出(2年間で約8億の正貨失う)

       在外正貨含め約13億6000万円が23ヵ月後に4億に

       1931.9.21(満州事変の三日後)イングランド銀行、金輸出禁止
              ↓
       円の暴落、ドル買いへ

       円が安くならないうちにドルを買う動き=ドル買い

       財界がドルを買い込んで円が暴落した折に
       円を買い戻し多額の利益得る

★有価証券、物価の下落

  ・有力株140社 246銘柄 31.11(29.6比)平均下落率50.4%
   時価総額 25億3500万円の損失

  有力株式の暴落
 有力株式の暴落


  ・物価(29.6比) 卸売物価27%強の下落  小売物価23%強の下落

     生糸の下落 66.1%
     綿糸の下落 52%
     米価の下落 50%
日本の恐慌


★輸出減
 
  ・生糸 輸出商品の約4割 米への輸出が9割であったが44.6%減

       米の恐慌と化学繊維の発達と金解禁による為替高騰による

  ・綿糸布 
       二大輸出市場 中国・インド(自国産業保護のため関税引き上げ)

       日本輸出額(29~31) 43.2%減
       日本輸入額(29~31) 40%減

★日本国民の生活水準の実態(外務省総務局政務課1947年作成)

  ・浜口内閣が10%以上の円切り上げで金解禁を実施したため解禁デフレ

  ・世界恐慌とのダブルパンチ

  ・1930 一人当たりの国民所得
   アメリカの1/9 イギリスの1/8 フランスの1/5 ベルギーの1/2

  ・日本は農業国で一番多いのが農民の失業者
   237万人失業したが政府発表では31万人となっていた

 雇用構造の実態


   ・産業の合理化の名の下に操業短縮、解雇と実質賃金が下げられた

★労働組合の動き

   ・労働争議 1928(S3) 1021件 → 1931 2456件(戦前最高)

   ・1931 818組合 組合員数 368,975人(組織率7.9%)

   ・大資本に対する労働者の反抗、街に出て警官とぶつかる
    労働争議に『市街戦』という言葉が使われた

   ・参加人数50人以下の『群小争議』が年々増加
    31年には争議全体の2/3余

★大企業の対応

  労使協調作戦をとった

   ・第二組合を作らせ妥協する組合にさせる
 
   ・デモをする女工を実家に引き取らせる

   ・娘に文字を教えて帰属意識高める

   ・天皇制を利用して「会社の利益は国の利益」

 労使一体の関係が形成された
 恐慌を契機に労働者の会社への帰属意識がいっそう強まっていった

★産業の合理化で労働者の犠牲

   ・財閥系商社は安い朝鮮、台湾米を無制限に「移入」

   ・政府は黙認し国内農業は打撃

   ・政府の「棄民政策」

    賃下げと人員削減を狙って帰農を進めた
    線路を歩いて寺の軒下で寝泊りし故郷に帰っても仕事はなかった

       


昭和 | 02:46:08 | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。