■講座内容と日程
■プロフィール

ひさごん

ひさごん

生活クラブ浦和の「近現代史連続講座」 善方一夫先生の講座のレポートです。

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■過去ログ
■カウンター
■戦争の作り方

戦争の作り方

■Keep9

banner

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
満州事変の前の軍部の動き
3/22

 講座は10時から始まります。
 だいたい11時半くらいで休憩に入りコーヒーなど飲んで
 12時半くらいまでびっちり講義があります
 2009年322日
 いつも「遅くなりまして」と恐縮して終わります。
 伝えたいことがたくさんあり過ぎて
 先生はまだまだ伝えたり無いように見えます。


満州事変のおこる直前

◆中村大尉事件 

 …中国と関東軍の間に緊張が高まる…

 1931.6.27中村大尉事件

  興安嶺方面の兵要地誌作成のため参謀本部から派遣された
  中村震太郎大尉と
  随行者井杉延太郎予備曹長(昂々渓こうこうけいで旅館経営)が
  泰来たいらい付近で現地屯墾軍の
  関玉衝かんぎょくこうに捕らえられ
  軍事探偵として処刑される

  Wikipediaより 中村震太郎(左)・井杉延太郎(右)
  中村震太郎(左)・井杉延太郎(右)

  ※中村は対ソ戦に備えるため現地の情報を集めるスパイとして
    参謀本部から派遣されていた

  当時、洮南とうなん、索倫さくりんは外国人の立ち入り禁止地帯
  (中国はこの地に屯墾軍を入れ漢民族を移住させる)

  中村大尉事件

  中村はハルピンで農業技師と偽って
  護照(旅行許可証)を入手し現地に入った
  7月下旬になって関玉衝の妾の日本婦人から
  事実がもれたことを契機に
  石原は軍の出動を主張したが
  幣原内閣は外交交渉で解決をはかり難航した
  9月18日に中国側(張学良ら)が事実を認め
  関玉衝の処分を約束した
          ↓
  9月18日当日に柳条湖事件が起こった

 ◇日本の世論は幣原外交を厳しく攻撃
 ◇陸軍は中国側の日本圧迫だと宣伝
 ◇8月下旬軍は中国が殺害認めなければ
  一個大隊派遣を外務省に申し入れ認められる
 ◇9.8 金沢の第9師団司令部が
      満蒙の危機を訴えたビラを管内に撤布

 …戦争を煽るような流れが出来てきた…

◆その頃の関東軍の幹部の動き 

①密約
 高級参謀 板垣征四郎は31年夏上京しロシア班長 橋本欣五郎と会い
 開戦を9月28日ごろ起こし、もし政府が追随しなければ
 橋本がクーデターをおこす密約が出来ていた

 ※橋本は30年に参謀本部の陸大出の若手エリートたちで桜会結成
   彼らは政党政治に対する不満を持っていた 
   貧しさから故郷の姉妹が身売りされる現実に怒りを覚えていた
   政党を支えていたのは企業、企業の金により政党が堕落

 

   「桜会趣意書」

一、熟々(つくづく)帝国の現状を観るに、万象悉く消極に堕し、新進の鋭気は地を払うて空しく、明治維新以来隆々として発達し来りし国勢は今や衰頽に向かわんとし、吾人をして痛憤憂愁措く能わざらしむるものなり。

~以下略~

 (要旨)
 国勢は今や下降しているのだが、為政者の責任が大きい。
 ロンドン条約で軍部は危機にあると国防協調主義を批判。
 高級為政者の冒涜行為、政党の腐敗、
 大衆に無理解な資本家、華族
 国民思想の頽廃を誘導する言論機関、農村の荒廃、失業
 などなど その責任がある政権は頼りにならない。
 天皇中心の(軍事)国家にするべきだ。




②板垣は朝鮮軍の神田正種参謀に10月に決行と伝えた
  その時は朝鮮軍も間島に進出して占領する手はず

③板垣や石原が31年秋に決行を急いだのは
  ・万宝号事件、中村事件で世論が沸いていたので
  ・ソ連が五ヵ年計画に没頭している今のうちでなければ
   ソ連の中立化は保証無し

◆三月事件、十月事件 

三月事件
 1931年(S6)3月の決行を目標として未遂となった陸軍のクーデター

 ・軍部の力が強大化(1900山県有朋内閣で軍部大臣現役武官制)
 ・橋本らと大川周明、小磯国昭らで立案
 ・宇垣陸相を首班とする軍部内閣の樹立
 ・重臣、政党・財閥を排除「一君万民的政治体制の樹立と企画」
 ・宇垣の変心で未発に終わる
 ・計画が発覚しても陸軍はかん口令を敷いて隠した
 
十月事件(錦旗革命事件)
 1931年(S6)10月の決行を目標として未遂となった陸軍のクーデター

 ・若槻首相、幣原外相を暗殺し東京を戒厳令下に
 ・荒木貞夫中将を首班に、橋本内相、大川蔵相とする軍部内閣の樹立
   荒木貞夫(皇道派) ←→東条英機ら(統制派)
 ・三月事件より大掛かり
  近衛徒歩連隊から中隊出動 霞ヶ浦から海軍爆撃機も参加
 ・大本教の信徒40万人に動員 労働組合も
 ・東郷平八郎は計画を知っており参代上奏することに同意
  ※荒木の談話では東郷は知らず計画に加わっていなかった

 10月24日早暁に決行予定が計画がもれて17日に中心人物検挙
 桜会は解散
 リーダー達は謹慎処分
 謹慎がとけると中央から地方に飛ばされた

 …未遂に終わったが世の中の雰囲気が右傾化してゆく…

  
◆戦争拡大を阻止しようとした軍人もいた 
 
 
 海軍軍令部長・谷口尚信は1931年陸軍参謀本部を訪ね
 参謀総長・金谷範三に山海関方面への歓待の派遣をやめて
 守備隊を撤収させてはどうかと申し入れた

 金谷は陸軍の伝統として撤退は出来ない
 海軍が協力しなければ陸軍で独自で対処すると答える

 金谷はその日の軍事参議官会議で金谷との会見を報告
 「事変は結局、対英米戦となる恐れがある。
  それに備えるには35億の軍備が必要だが
  今の日本には不可能だ」

 すると東郷平八郎が怒鳴った
 「軍令部は毎年作戦計画を陛下に奉っておるではないか
  いまさら対米戦できぬといわば、
  陛下に嘘を申し上げたことになる
  今更そんなことが言えるか!」

 東郷は多数の面前で谷口を怒鳴りつけた
 翌日谷口は辞め、伏見宮が軍令部長に就任

 

 日露戦争で軍神と言われた東郷平八郎は
 時代遅れの認識のまま見識のある軍令部長を更迭し
 戦争へと日本を導いた

スポンサーサイト
昭和 | 05:34:36 | Comments(0)
満州事変の前の状況 その2
3/8の続き 
 質問* 対華21カ条で日本は大変な利権を得るが
       それまでは中国の利権の一番手はロシアでしたか?

 答*  東北三省についてはロシア。中国の海岸線に租界を持ったり
      貿易港を持っていたので西欧諸国にとって危険な存在。
      第一次世界大戦後、今まで利権を持ってなかったアメリカが
      ワシントン会議で「中国の主権と領土を尊重する」として
      機会均等説を唱えたのは、日本がドイツに代わって
      山東半島の利権を手に入れようとした時アメリカも
      対中国の貿易で利益を得ようとしたもの
      アメリカはドイツと戦った列国に武器援助をしていたので
      列国はアメリカの中国利権参入を阻害できなかった。
      アメリカが恐れたのはソ連と一緒に日本が中国の利権を
      独占することでワシントン条約で山東半島の権益を奪い
      代わりに南洋を与えた。
      ソ連南下政策を阻止させるために満蒙の権益は認めた。
 中国の地図

      国際的な正義があったかどうかということは疑問です。
      結局帝国主義の段階になると、全ての帝国主義国家は
      利益を拡大するには弱小民族の領土やを奪うか
      あるいは資源を奪うかでした。

      満州事変の起こる前あたりから昭和10年位までの歴史を
      克明に読んでいきますと、今の時代と重なってゆきます。
      人間と言うのはどこまで進歩しているのかと…
      僕たちの中にある経済的な利益を第一に考えてゆくのが
      昭和10年代も今も変わってないのだと。
      経済が最優先とされる価値観が改まってゆかないと
      過ちを繰り返すのではないかと怖れます。
      資源が偏っていますが力に依って押さえ込むのでなく
      共存共栄出来るように努力しなければ本当の平和は
      来ないのではないでしょうか。


満州事変のおこる直前

◆欧米諸国は日本の満州支配をどう見たか
 

 必ずしも快く思わなかったが
 ソ連の勢力を日本の軍事力が抑えてくれることにより
 欧米の利権が守られるという利点を歓迎し日本の侵略活動を黙認
 
          ↓

 そんな国際的な背景により日本の勢力拡大

 ※欧米の植民地支配からアジアを開放してやったのだ
   という主張で日本のアジア侵略を正当化する人たちもいる


◆義和団事件

 義和団の乱 :1901年(M34)

 義和団(白蓮教系の弥勒仏信仰の集団)が列強の中国進出に反対して
 「扶清滅洋」を叫んで山東半島で外国人排斥運動を展開。
 北京の各国公使館が包囲され、清朝政府も各国に宣戦布告(北清事変)

 列強は連合軍を送って鎮圧。
 清国は北京議定書で贖罪。
 日本軍の軍事力の有用性が列強に評価された(極北の憲兵)

 この時ロシアが鎮圧目的で中国東北部を占領。
 鉄道の経営権、旅順港の利用などの権益を獲得した。
 これが日露戦争の原因となる。
 

◆満州事変前の中国東北部


 ①満鉄と並行する中国の二つの鉄道完成

  27.12 打通線だつうせん(打虎山だこざん-通遼)
  29. 7  吉海線(吉林-海竜)

 鉄道地図

  「満鉄」は北満の大豆輸送からはずされ収益激減し
  中国の鉄道値下げし更に打撃を受ける
  『満蒙権益』侵害と受け止めた

  日本側の抗議に対して排日運動激化
          ↓
  31.3  奉天で国民党本部成立

◆当時の新聞の記事

・10万人の生霊(兵士)と20億円の国費を投じて満州経営をしている
 聖地を守るためには国益を損なうことは許せないことだ

・明治大帝の遺された仕事を引き継ぐことは臣民の役目

◆陸軍の主張

 1928(S3)10月 石原莞爾 関東軍参謀として現地に赴任
石原莞爾 Wikipediaより

 6月に張作霖が爆殺されて2ヵ月後に赴任
 国運は満蒙問題を解決することにより良くなると考えていた

 1931(S5)「満蒙問題私見」要旨 

 ・満蒙の価値
  政治的・国防上の拠点
  朝鮮統治・支那指導の根拠
  経済的刻下の急を救うにたる

 ・満蒙問題の解決
  解決の唯一の方法は之を我が国の領土となすにあり
 
 ・解決の時期
  国内の改造を先とするよりも満蒙問題を先とすると有利とす
  (政党内閣の腐敗を軍部《革新》が改革しようとしていた)

 ・解決の動機
  国家的正々堂々、軍部主導 謀略により機会の作成

  「太平洋戦争への道」別巻資料編~朝日新聞社~ より

   国家ガ満蒙問題ノ真価ヲ正当ニ判断シ其解決カ正義ニシテ
   我国ノ業務カレコトヲ信シ且戦争計画確定スルヲ以テ足レリトス
   (中略)
   軍部ニシテ団結シ戦争計画ノ大綱ヲ樹テ得ルニ於テハ謀略ニヨリ
   機会ヲ作製シ軍部主導トナリ国家ヲ強引スルコト必ズシモ
   困難ニアラス

   満蒙問題ノ解決トハ之ヲ我領土トナスコトナリトノ確信ヲ徹底スルコト

 ※戦後右腕であった板垣征四郎は死刑になったが何故か石原は無罪に
  
◆万宝山まんぽうざん事件

 この事件を契機に朝鮮半島で中国人排斥運動が起こる

 ①万宝山(長春の西 約30km)付近の荒地には
  1930(S5)の※間島事件以来、各地から追われた朝鮮人200人が
  土地を借りて入植しつつあった

  ※間島事件=青山里戦闘
  日本軍による間島出兵中の1920年10月、
  青山里と呼ばれる東満洲の長白山東北麓の密林地帯で
  独立軍と総称される朝鮮人武装集団と交えた戦闘
 
 1931.5頃、水田耕作のため用水路作りを始めたことで
 地元中国人との間に騒動がおこる

 7.2 地元農民数百人、工事阻止のため実力行動に
    日本側も武装警察官50名ほど機関銃3挺を派遣
    両者の発砲さわぎ後、朝鮮人は武装警官保護の下
    工事を強行、11日に通水に成功
 7.3 仁川から5日平壌にかけて朝鮮各地で在鮮華僑家が襲われ
    中国人109人が殺害され160人余の負傷者が出た
    (朝鮮日報の報道による)
 7.14 この取材は「日本側の機関からおこなったものだがデマだった」
    と長春に派遣されていた「朝鮮日報」の特派員金利三が
    謝罪文を同紙上に発表(翌日金記者は朝鮮人に殺害される)

  この事件は関東軍が朝鮮の世論操作を図ったもの
  中国で朝鮮人が酷い目にあっているのだから
  朝鮮の中国人排斥は正当であるという世論をおこして
  日本の朝鮮半島支配をよりスムーズにしようとした作り話


 事件解決のための外交交渉は難航
 日本では万宝山事件は排日に対する正当な「義憤」の現れだとして
 幣原「軟弱」外交を攻撃(関東軍にとってベストな状況到来)

            …続く…









昭和 | 20:18:41 | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。