■講座内容と日程
■プロフィール

ひさごん

ひさごん

生活クラブ浦和の「近現代史連続講座」 善方一夫先生の講座のレポートです。

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■過去ログ
■カウンター
■戦争の作り方

戦争の作り方

■Keep9

banner

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
昭和10年頃の日本
9/11
昭和初期の日本をアメリカ人がカラーで撮影した番組を資料として見せていただきました。
「よみがえる昭和初期の日本」
二・二六事件の頃の光の部分の日本です。

1

4

2

3



スポンサーサイト
昭和 | 23:28:24 | Comments(2)
美濃部達吉と二・二六事件前の日本経済の状況
7/10の講座の一部を個別にアップします
 
  浦和で開かれる古本市で戦争中の男の子の音楽の教科書を
  講座に参加されているWさんが見つけられて、先生にと
  買ってこられました。

  011.jpg  2011-07-10 012
  勇ましい歌。
  2011-07-10 015
  裏表紙に書いてあった持ち主の落書き。
  2011-07-10 016



 2008年11月23日「天皇機関説事件」 ←以前のまとめ

美濃部達吉

美濃部が問題視されたのは、天皇機関説と政党内閣否定

◇昭和10年、天皇機関説(国家法人説)問題になる

①美濃部達吉の学説
日本国家の主権は、天皇個人になるのでなく国家自体にあり
天皇は国家の最高機関として統治権を総攬するに過ぎない

・そのねらいは明治憲法を出来るだけ国民の立場で解釈し
 天皇の権限を法令の中でおさめようとした

・この学説は文官試験、司法試験にも採用されていた

・天皇が絶対無限の権限を持つなら軍部は
 天皇の名において自由に行動できる
      ↓
 議会の無力化、国民の権利はく奪も可能にするため
 軍部にとって天皇機関説は排除せねばならない


②貴族院で問題になる

・貴族院の菊池武夫・元将軍が反国体的学説として非難

・4月著書の発禁、貴族院議員辞職で決着


③6月衆議院第一党の政友会、新指導方針決定

・国体明徴・機関説排撃
(神の国、天皇は天照大神の子孫である事を明らかにする)

・責任政治の確立

※政友会は陸軍部内の保守派の皇道派と裏で提携していた
 

◇美濃部の議会政治への思い

①美濃部二年前からの発言、「議会政治の検討」

「議会に基礎を有する内閣といえば、今の議会において
政友会内閣でなければならない。
しかし政友会内閣は果たして国難打開の重任に堪えうるものとして
国民の信頼を博しうるやといえば、それは極めて疑わしい。
(中略)したがって単純に立憲政治の常道に服するというだけでは
我々は到底満足しえない」(議会政治の検討)

      ↑
 この批判に対して、上記の「責任政治の確立」の指導方針

②政党内閣の経済政策の流れ


1929(S4)民政党・浜口雄幸内閣
1931(S6)民政党・若槻礼次郎内閣


◇民政党の経済政策の基本に金解禁

 金解禁に備えて大企業の体質強化を目指して
 1930年、商工省に「臨時産業合理局」を設置
 カルテル(企業連合)化を進め『独占体制』の強化
   ↓
 カルテル化は拡大し1932(S7)末には鉱工業の大部分が
 カルテル組織を持ち83に

◇政党内閣が独占体制を進めて行った

 1959年の議会で決まった二つの法律

 『工業組合法』
  中小企業にも独占力強化。品質・規格の統一、企業新設の制限

 『重要産業統制法』
  大企業中心のカルテルの増強、カルテルに不参加の同業者に
  カルテルで協定した条項の遵守を強制する内容を含めた統制法

◇政党内閣の経済政策で国家が独占資本の後押し

1931(S6)政友会・犬養内閣

 高橋財政によって国家独占資本主義は本格化

 1930.1.11浜口内閣が低為替(円安)による輸出促進で
 日本経済活性化のため金の輸出解禁したが 
 英からダンピングで1933日印通商条約破棄された
 金が海外に流れて、国内の金が足らなくなり
 金との交換出来る兌換紙幣でなくなりインフレになる
   ↓

 高橋是清蔵相は民政党でも蔵相、政友会に引き抜かれた
 12/3(満州事変後)に就任、即日金の輸出再禁止

◇金解禁政策(ダンピング政策)で労働賃金格下げ、労働時間延長

・貧富の懸隔(かけ離れること)増大

・労働者、農民、中小企業者の困窮が拡大
 労働者は馘首、賃下げ、労働強化で多くの犠牲

・生産物の価格向上で中小企業者や脳m人の経営難が拡大

・財閥は外部企業の吸収合併や、
 傘下の保険会社を通しての融資や株式の取得でさらなる成長

・社会運動の激化
 「社会主義側からの反体制運動」…弾圧強まる

 「ファシズム側からの反体制運動」
       …軍部勢力の伸長、独走と共に発展



◇美濃部の政党内閣否定

「円卓巨頭会議」を構想し財政経済を立て直そうとした

・各政党の首領 ・軍部の首脳 ・実業界の代表者 ・勤労階級の代表者

※明治憲法下では国防と外交は天皇大権事項により議会に諮らなくてよかった

美濃部の「円卓巨頭会議」の提唱は
『財政及経済』に関する審議権限が議会から失われることで
政党内閣制だけでなく議会制度そのものも否認
   ↓
 議会の反発、政友会「責任政治の確立」

◇資本主義経済体制とは

<特徴>
1.私有財産制度 2.生産手段の私有 3.労働者の雇用制度
4.利潤追求が経済活動の動機 5.市場経済に基づく自由競争

①18世紀の産業革命によりイギリスが資本主義経済のリーダーとなる

②やがて、19世紀末から20世紀にかけて独占資本主義体制へと
 企業の金融資本が大きな力となって国の経済を動かしてゆく
 これがカルテルを作ってゆくきっかけ

③1929年~貧富の差を修正するために国の介入で修正資本主義

④現在は混合経済
 私的経済と公的経済が組み合わさり並存している経済
 国家が積極的に関与することから生じた

<参照・引用文献>
坂野潤治「昭和史の決定的瞬間」ちくま新書
大内力「ファシズムへの道」日本の歴史24(政治経済教育編)山川出版
現代用語の基礎知識(中央公論社) 1988年版(自由国民社)他

昭和 | 22:19:11 | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。