■講座内容と日程
■プロフィール

ひさごん

ひさごん

生活クラブ浦和の「近現代史連続講座」 善方一夫先生の講座のレポートです。

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■過去ログ
■カウンター
■戦争の作り方

戦争の作り方

■Keep9

banner

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
二・二六事件「陸軍大臣告示」と「戒厳令」
10/23
 
藩閥政権が出来た時に自分たちの出す命令が全て正しいと一般庶民に知らしめるために、自分たちの命令はお上の命令だ、かしこくも現人神さまの命令である、ということで天皇を神にしなければならなかった。
そこで「不磨の大典」=磨くことが不要な=改正することが必要のない、明治憲法が出来ました。
新憲法が発布され国民に知らされたのが5月です。それが正式に制定されたのは11月3日ですが、永久に変える必要のない明治憲法を変えてしまって、お詫びの意味で明治天皇の誕生日の11月3日に制定されました。

敗戦した時に国がなにより大切にしたのは天皇制でした。国民の生活や経済ではなかったのです。天皇制をいかに残すかに一番重きを置きました。

  10月23日



◇反乱軍鎮圧のための東警作命

◆2月26日午前7時 東警作命(東京警備司令部作戦命令)

 司令官=香椎浩平中将(皇道派に属し青年将校寄り)

・第一号 午前7時
 「第一師団ハ速ヤカニ安藤大尉以下ヲ解散セシムル如ク努ムヘシ
 (非常にあいまいな表現)

続きを読む >>
スポンサーサイト
昭和 | 08:10:29 | Comments(0)
二・二六事件の起きた背景、天皇の対応
10/9
 
  二・二六事件の襲撃の理由の一つにもなった国際連盟脱退ですが
  高松宮は反対していました。
  高松宮はさかんに天皇に戦争をやめるように言っていたのですが
  天皇は耳を貸さなかったのですね。
  そして軍部の意向に従い国際連盟を脱退し孤立化の道を歩みます。
  もし高松宮が天皇だったら、こんな悲惨な戦争はなかったと思います。
  10月9日


※資料のビデオ部分がレポートから抜けていますので、不完全な報告です。

◇なぜ2月26日に蹶起したのか

続きを読む >>
昭和 | 00:30:48 | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。