■講座内容と日程
■プロフィール

ひさごん

ひさごん

生活クラブ浦和の「近現代史連続講座」 善方一夫先生の講座のレポートです。

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■過去ログ
■カウンター
■戦争の作り方

戦争の作り方

■Keep9

banner

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
広田内閣と第一次近衛内閣の日中関係
1/22
 
 近衛内閣が出来た年の1937年の1月に、
 野上弥生子が新聞に、このように書いています。

   1月22日

    「神聖な年神様にたった一つお願い事をしたい。
     今年は豊年でございましょうか。凶作でございましょうか。
     いいえ。どちらでもよろしゅうございます。
     洪水があっても、大地震があっても、大火事があっても、
     暴風雨があっても、大噴火があっても
     コレラとペストが一緒にきてもよろしゅうございます。
     どうか戦争だけはございませんように」
 


◆広田内閣時の日中両国の関わり

1.広田弘毅内閣 1936(S11)8
 四省間(外務、大蔵、陸軍、海軍)の「対支実行策」


 =華北、満州を『防共』の緩衝地帯とすると同時に資源の確保のため=

   ・河北省、察哈爾(チャハル)二省の分割統治
   ・国民政府に ①防共軍事協定の締結
            ②日支軍事同盟の締結
            ③日支懸案の解決促進
   ・法人の最高顧問及び軍事顧問の傭聘

続きを読む >>
スポンサーサイト
昭和 | 03:31:26 | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。