■講座内容と日程
■プロフィール

ひさごん

ひさごん

生活クラブ浦和の「近現代史連続講座」 善方一夫先生の講座のレポートです。

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■過去ログ
■カウンター
■戦争の作り方

戦争の作り方

■Keep9

banner

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『事変』と称されていた戦いが何故『戦争』になったのか(3)
3/11
 
   3月11日

  20日の明け方起きた時に意識を失って倒れて
  生まれて初めて救急車に乗りました。
  乗る時は意識が回復していました。
  幸いにもいい病院で親切なお医者さんと出会えて
  3日間さまざまな検査をして異常なしで24日に退院しました。
  自分では意識してなかったのですが、過労ではと言われ
  健康管理が一番大切だと思いました。
  睡眠不足もあったのかなあと。
  これからは気を付けて皆さんにご迷惑をかけないように
  留意してゆきたいと思いました。
  本当にありがとうございました。
 


◆日中間の全面戦争に至るまでの経緯

北支事変が日中戦争になった大きなきっかけ

9日 停戦の話し合いが始まる
冀察(きさつ)政府(河北省とチャハル省を統治)は城外に派兵されているものは攻撃も差し支えないが、場内には多数良民がいるから攻撃は待ってもらいたい

10日夕 牟田口、独断で竜王廟を攻撃
支那軍全滅 住民も全員殺害


■ 現地で停戦の話し合い

 蒋介石が承認した冀察きさつ政府 Wikipedia 冀察政務委員会

 1935年12月18日に中華民国北部に成立した地方政権
 国民政府が宋哲元を委員長に任命し、
 河北省、チャハル(察哈爾)省を統治させた

 日本政府はそれぞれの軍閥に軍事顧問を派遣していた
 外務省の外交よりも陸軍の外交が優先
 
 冀察政府の第29軍の顧問・桜井少佐と第37師団長が
 停戦の話し合いを9日にしていた

続きを読む >>
スポンサーサイト
昭和 | 02:21:25 | Comments(0)
『事変』と称されていた戦いが何故『戦争』になったのか(2)
2/12
 
   2月12日

    この日の講座はご用があり1時間でした。
    先生はお忙しい日々が続き体調を崩され、
    この次の会をお休みなさいましたが
    安静になさって、すっかり回復されました。
    先生のご健康であることを感謝し、
    どうぞご無理なさらないでと皆で思ったことでした。

 


何故日本軍が盧溝橋付近で演習をやっていたか
map4.jpg

■ 当時、豊台には一木清直少佐の率いる一個大隊と歩兵砲部隊が駐屯中。
  1936(S11)新設された兵営の周囲は畠に囲まれていて、十二分に
  演習する場所が無かった。

■ 中国側は日本軍の意図に対して猜疑と疑惑を抱いていた。
  事件発生より先、天津駐屯軍側が鉄道経営の名目で豊台から盧溝橋の
  中間地帯の測量をした。
  作業終了後、この地帯の咀嚼または買収を中国側に申し出た。
  この時の日本軍の意図は、兵営と飛行場の設営にあったが、北京で
  数回にわたった交渉で中国側は拒否し続けた。


当時の新聞

続きを読む >>
昭和 | 21:45:40 | Comments(0)
『事変』と称されていた戦いが何故『戦争』になったのか(1)
1/22(後半部分を別の記事に分けました)

◆盧溝橋事件が事変と称され、日中戦争に発展していった展開

Wikipedia盧溝橋事件 http://bit.ly/LnrRkv

1937.7.7 日中両軍武力衝突・盧溝橋事件

◇日本側は予測も準備も無かったが、戦争が起きてもおかしくない状況

続きを読む >>
昭和 | 17:51:52 | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。