■講座内容と日程
■プロフィール

ひさごん

ひさごん

生活クラブ浦和の「近現代史連続講座」 善方一夫先生の講座のレポートです。

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■過去ログ
■カウンター
■戦争の作り方

戦争の作り方

■Keep9

banner

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「憲法九条にノーベル平和賞を」署名を提出しました
4月の講座の時に出た「第9条を保持している日本国民にノーベル平和賞を」の署名を集めましょうというという提案に皆さん賛成されて近現代史講座で6月末まで署名を集めました。

「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会

憲法九条にノーベル賞を

安倍政権が憲法解釈の変更で戦争を出来る国にしようとしている今、それぞれが周りの皆さんにお声掛けして、埼玉以外でも東京、栃木、大阪、静岡方面からもたくさんいただき606筆集まり郵送いたしました。
ご協力くださった皆さまありがとうございました。


スポンサーサイト
昭和 | 10:10:06 | Comments(0)
1945年の日本の様子
5/25
 講座のあと、お昼を食べて残った人たちで
 大飯原発の判決文を読みました。先生も「素晴らしいですね」

   004_20140601015152769.jpg

  ~抜粋~
 このコストの問題に関連して、国富の流出や喪失の議論があるが、
 たとえ本件原発の運転停止によって、
 多額の貿易赤字が出るとしても、
 これを国富の流出や喪失というべきではなく、
 豊かな国土と、そこに国民が根を下ろして生活していることが国富であり、
 これを取り戻すことができなくなることが、
 国富の喪失であると、当裁判所は考えている。

 


◆「100問100答 日本の歴史〈6〉現代」で学ぶ

この本のシリーズは原始・古代、中世、近世、近代と出ていて
それぞれの年代で詳しく下記のトピックが表になっています。
・衣食住 ・家計 健康 教育 ・文化 レジャー ・社会 交通 一般
敗戦の年の年表を資料として先生が大事なもの、面白いものを
取り上げて紹介して下さいました。
まるでその当時の社会の様子を覗いているようです。
100問100答 日本の歴史〈6〉現代100問100答 日本の歴史〈6〉現代
(1995/07)
歴史教育者協議会

商品詳細を見る


続きを読む >>
昭和 | 01:58:47 | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。