■講座内容と日程
■プロフィール

ひさごん

ひさごん

生活クラブ浦和の「近現代史連続講座」 善方一夫先生の講座のレポートです。

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■過去ログ
■カウンター
■戦争の作り方

戦争の作り方

■Keep9

banner

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
5/28(土)登戸研究所見学
近現代史講座のメンバーと、そのお友達など13名で登戸研究所見学に行ってきました。

10:30に小田急線生田駅で集合し、ボランティアガイドのお二人と合流。
明治大学生田キャンパスに向かいます。

戦時中も、戦後も国家機密として隠され続けてきた登戸研究所。
昭和13年に設置され、密かに電波兵器や毒ガスなどの化学兵器の開発が行われました。
歴史の闇に消えていた登戸研究所は、法政二高の渡辺賢二先生やその生徒たち、登戸研究所が疎開した長野県駒ケ根市の高校生たちの粘り強い取り組みによって、口を閉ざしていた当時の関係者からお話を聞くことにより、その存在が明らかになってゆきました。
「市民・川崎市・明治大学」がともに戦争の負の遺産を残し、後世に語り継いでゆかねばならないと努力した結果、明治大学の敷地の中に登戸研究所資料館が作られました。
page1.jpg
弥心神社。
ここに、昔勤務していた方たちの登研会の建立した碑があります。
page2.jpg
動物慰霊碑。
陸軍のマークのついた水栓。
page3.jpg
2010年に開館した登戸研究所資料館。
極秘であった中国で使われた偽造紙幣の研究や、風船爆弾の展示もあります。
page4.jpg

=参加者のアンケート= (Tさんがまとめてくださいました)

続きを読む >>
スポンサーサイト
その他 | 03:10:22 | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。