■講座内容と日程
■プロフィール

ひさごん

ひさごん

生活クラブ浦和の「近現代史連続講座」 善方一夫先生の講座のレポートです。

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■過去ログ
■カウンター
■戦争の作り方

戦争の作り方

■Keep9

banner

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
戦争中の米誌「Fortune」の日本の解説
1/23+2/13

カヌヤマトイハレビコノミコトが神武天皇と言われていますが、長男ではなく四番目の息子なのです。万世一系と言いますが調べてみるとまさに神話の世界から万世一系ではないのです。
明治時代になると、全部作られて万世一系になるのです。

   1月23日

明治政府は紀元節を当初1月29日としたのですが、孝明天皇の命日の1月30日の前日に当たり具合が悪いので計算違いとして2月11日へと訂正しました。
戦後紀元節が復活し「建国記念日」となりましたが、「の」を入れてごまかしているのです。


「戦争中にこんなものが書かれていたのか」という驚きの資料です。
Wikipedia『フォーチュン』(Fortune)


1944年のアメリカの雑誌「フォーチュン」4月号『日本特集』
     
★洗練と欲求不満
明治維新によって作られた「天皇制」や「支配者民族」である
というのが虚構であることや、日本人の特質が「隠忍自重」
であるということなど
(文章はそれぞれクリックすると大きくなります)
洗練と欲求不満


★「天皇、すなわち日本」

天皇とは日本人にとって何なのかという解説
「天皇とは、国家をその一身に具現するものであり
 天皇、すなわち、日本なのである。」
天皇の名の下にさまざまに利用されてきた。
天皇すなわち日本1

★神道、随神(かんながら)の道=道徳
学校で軍隊で家庭で繰り返し教え込まれている。
天皇に対する儀礼は間断なく押し付けられている。
天皇すなわち日本2


★天皇の権威と元老-1
天皇の個人的なプロフィールを紹介しつつ大正天皇を例に
実質的には権力のない存在であること。
(善方先生注・昭和天皇は軍にも関与していたのでこれには異議)
天皇の権威と元老1

★天皇の権威と元老-2
天皇の国事行為にも特別の重要性があるわけではない。
天皇の権威は個人的なものではなく天皇の名において意味がある。
天皇の権威と元老2


★天皇の権威と元老-3
明治以前の権力は将軍にあり、天皇は京都でひっそり暮らしていた。
薩長などが天皇の権威を利用して民族の力を結集し
国家改造をするための象徴とし強力な中央政府を目指した。
元老=明治維新に功績のあった人々
天皇の権威と元老3


★天皇の権威と元老-4
日本人は個人として存在することが許されてない。
従属する集団の一部として常に上に従うべきという儒教の教え。
文化もさびがあり洗練され優しく含蓄にあふれている。
天皇の権威と元老4


「フォーチュン誌」1944年4月号に掲載したものに同年11月1日までの最新資料を加えた

「フォーチュン」編集部編、熊沢安定訳
(発行 現代史出版会 ・ 発売 徳間書店)1983年5月刊



昭和 | 21:13:26 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。