■講座内容と日程
■プロフィール

ひさごん

ひさごん

生活クラブ浦和の「近現代史連続講座」 善方一夫先生の講座のレポートです。

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■過去ログ
■カウンター
■戦争の作り方

戦争の作り方

■Keep9

banner

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
天皇制を学ぶ
5/8

   5月8日

   NHKの朝のドラマ(おひさま)を見ています。
   今、主人公が師範学校を受験するところですが
   ちょうど私は小学校の三年生でしたが
   あの頃を思い出すのです。
   非常に臨場感があって
   あのドラマを見ていてもいかに天皇制が
   宗教だったことが皆さんにもわかると思います。



二・二六事件の背景として天皇制

■何故天皇が神になって行ったのか

この本を資料として使いました
マンガ 日本人と天皇マンガ 日本人と天皇
(2000/12)
雁屋 哲、シュガー佐藤 他

商品詳細を見る


★明治維新が、その後の日本の国の道を定めたが、その時の一般市民、天皇、官僚の行く道が別々では困るので一本化しようと考えられた。

★尊王の志士たちが天皇のことを『玉(ぎょく)』と呼んだ。『玉』というのは取引に使われる商品の道具。

★記紀の神話は天皇家が自分たちの支配を正当づけるために作られた。

★明治になってから、天皇家という一氏族の私的な神話を日本人全体が信仰することを強要されたという意味で、天皇を現人神とする近代天皇制は明治になって起こった宗教。

教育勅語に見る事実にそぐわない記述
①皇祖皇宗国ヲ肇ムルコト宏遠ニ
天照大神、神武天皇は建国神話に登場。歴史上に存在しない。

②徳ヲ樹ツルコト深厚ナリ
正史とされる「日本書紀」本文中の記述の中に反する事々が多々あり。

③我ガ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世々厥ノ美ヲ済セル我カ国体ノ精華ニシテ
明治維新になるまで大多数の人々は天皇の存在も知らなかったことで克く忠を尽くした事実はなかったと言えるのではないか

④天壌無窮ノ皇運を扶翼スヘシ是ノ如キハ独リ朕カ忠良ノ臣民タルノミナラス…爾祖先ノ遺風
臣民と名付けられた当時の人たちすら天王の存在を知らなかったのだから、祖先の人々が皇室のために尽くすことに努めていたと言えるだろうか。

⑤斯ノ道ハ實ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ
其の道(兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ恭儉己レヲ持シ博愛衆ニ及ホシ)は果たして天皇家の遺訓と言い切れるだろうか。


★少年時代に天皇陛下のために死ぬことが名誉であり誇りであると徹底的に仕込まれて、宗教の怖さを身を持って感じた。

★奈良旅行で気が付かれたと思いますが、高天彦神社があるところは高天原という地名があります。橋本院の所在地は高天(たかま)です。原を取っているのですが、何故かというと高天原だと九州に高天原があるからです。でも実際に高天原という碑がありました。
天孫降臨を命じたのは高天彦神社に祭られている高皇産霊神(タカミムスビノカミ)で天照ではない。日本書紀の正史に書かれている。だから奈良に高天原という地名があるのは当然のこと。

★あきらかに九州の日向に天孫降臨をしたというのは、あとから作られた神話。天孫降臨を九州に持って行ったのは九州から東へ進むことによって日本統一したことにするため。大和という葛城に高天原を置くと九州が入らなくなるから。

★朝廷の始まりは大和。神武天皇もそこの神様の娘をもらっている。

★天照大神が国を広げるために、まず出雲の国を支配地にした。天照の命を受けて天下った神様に対して大国主命が「息子の意見を聞かなければ答えられない」と言った。息子の事代主神(ことしろぬしのかみ)が「わかりました」と言って領土になった。出雲風土記を読むと事代主神をまつった神社はない。事代主神は葛城にいた。彼の娘と神武天皇が結婚する。

★伊勢に行く江戸時代の農民たちがお参りしたのは天照大見神をまつった内宮でなく農業神をまつった外宮であった。ついでに内宮に行ってる。

★大政奉還でなく体制譲渡が事実である。

★「君が代」の君は天皇ではなかった。かつては単なる祝い歌であった。

★天皇制によって一般国民は天皇と臣(官僚)によって支配されている。






昭和 | 07:42:54 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。