■講座内容と日程
■プロフィール

ひさごん

ひさごん

生活クラブ浦和の「近現代史連続講座」 善方一夫先生の講座のレポートです。

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■過去ログ
■カウンター
■戦争の作り方

戦争の作り方

■Keep9

banner

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「日の丸」と「君が代」についての考察
4/22
「日の丸」は国旗としてスタートしたのではありません。
また「君が代」の君も初めは 君=大切な人、愛する人 でした。
決して古い時代から天皇を表す歌ではありませんでした。
「日の丸」も「君が代」も変遷し、戦争の時代に定着したのです。

〇●〇日の丸の歴史〇●〇

・701(大宝元)正月 …(8月に大宝律令完成)
  宮中の儀式に錦地に日月を金銀で表し、長方形のものを
  棹の先から下げる日幡(ニチバン)月幡(ツキバン)を大極殿に
  
・12世紀未(平安末期)
  扇に日の丸を描いた「日の丸紋」が用いられた
  例…屋島合戦

・1331(元弘元)9月
  足利尊氏、楠正成を湊川に破り、光巌院(北朝初代)の
  院宣を奉じ入洛、その際太陽を表した「錦の御旗」たてる
                        ↓
                    権力の正統性を誇示
・15世紀後半~戦国時代
  太陽を表した旗幟が戦国大名(武田信玄、上杉謙信)に
  用いられ、江戸時代にかけて朝日がめでたいことの
  シンボルとされた
  江戸時代の日の丸
  ※権力の正統制の誇示ではない


・1854(安政元)3月
  薩摩藩建造の大型船『昌平丸』が
  日の丸を掲げて品川に入港

  ※島津斉彬は前年の嘉永6年ペリー来航で
   大船を作り外国へ行くことを考え付き
   藩でなく日本を代表する船印として
   鹿児島城内から見える桜島の左肩に登る
   朝日を見て日の丸に決めたと言われている
  
・1854年7月 
   幕府は「船印之儀ニ付御触書」(ふなじるしのぎ につき おふれがき )発布
   6_20120721033059.jpg

異国船に不紛様 (まぎれざるよう)、日本総船印(そうふなじるし)
は白地日之丸之幟 (しろじ ひのまるの のぼり)
相用ひ候様(あいもちい そうろうよう)

・1860(万延元)1月
   アメリカ訪問の咸臨丸の船印に日の丸を使用
kanrinnmaru.jpg

・1868(慶応4)1月~戊辰戦争 1869(M2)
   幕府側は海軍上野の彰義隊、会津の白虎隊、
   五稜郭立て籠もりの榎本武揚軍も「日の丸」を使用

   ※内乱によってまた日の丸で権力の正統性を強調

・1870(明治3)
  1月 太政官布告第57号で
  「我が国の商船は日章旗を国旗として掲げる事」
   とし、別に「御国旗の寸法」についても公布

   太政官布告で旗サイズ

  5月 陸軍国旗(白布・紅白光線章)を定める

  10月 太政官布告第651号で海軍の艦船の掲げる
     国旗を定める

   ※海軍は1889年から軍艦旗を使用)

・1872年(M5)11月
   一般は祝祭日に開港場では常時国旗を
   揚げることが通達された

○小川為洽著、上下二巻’1974(M7) 明治文化全集第20巻所収より

改暦以来は、五節句、盆などという大切なる物日を廃し、天長節、紀元節などというわけのわからぬ日を祝うことでござる(中略)かかる世間の人の心にもなき日を祝せんとして政府より、強いて赤丸を売う看板のごとき幡や提燈を出さするは、なお聞えぬ理屈でござる(開化問答)
     ↓
明治維新が市民革命でなかった故、このような声が反映されず

薬の看板とひやかされた「日の丸」は普断掲げることはきんじられていたが、天皇巡航のときなどには持ち出され「日の御子」を讃えるためのものとなった


・1874(M7)1月 近衛歩兵第一第二連隊編成に際し、天皇が軍旗を授与    
軍旗授与

・1931(S6)3月 
  第59回帝国議会衆議院で石原善三郎(民政党)提案の
  「大日本帝国国旗法案」可決
  直ちに貴族院に送付
国旗の条文

  しかし、貴族院で審議せず廃案になった
「論座」1999年5月号『幻の大日本帝国国旗法案』干田夏光
天皇はこの国そのものであり(天孫降臨の神勅)天皇を象徴する印として『天皇旗』がある。これ以外に大日本帝国を象徴する印としての旗は不要


・1937(S12)
  国定教科書「尋常小学校修身巻三」に国旗として日の丸掲載
     ↓
  ※戦争が始まり戦線でも学校でも日の丸が定着

・1942(S17)
  国定教科書「初等科修身一」では『日の丸の旗』となる

◇日の丸についての投書

投書1


〇●〇君が代の歴史〇●〇

・初出は「古今和歌集
  勅撰和歌集20巻 908年頃成立
  巻七「賀」の部 題知らず詠み人知らず

  「わがきみは ちよにましませ さざれいしの
        いはほとなりて こけのむすまで」

光孝天皇僧正遍昭(へんじょう)の70才を祝って贈る詞書(ことばがき)

  「かくしつつ とにもかくにも 長らへて
         君が八千代に逢ふ由もなが」
 
 ※年寿を祝う歌で四十の賀(初老)、五十の賀、六十の賀(還暦)
  七十の賀(古稀)の長寿を祝う慣習があった

本居宣長(1730~1801) 国学者の解釈
  コマカイ石ガ大キナ岩ホニナッテ苔のハエルマデ
  千年モ万年モ御繁昌デオイデナサレ コチノ君ハ

 ※「君」は天皇ではない

和漢朗詠集 下巻 雑(祝776)
  「わがきみ(天皇ではない)は千代に、八千代に
      さざれ石の巌となりて 苔のむすまで」

・歌詞の初句が「君が代」になったのは中世以降
   君=『賀』を受ける人

・室町初期「曽我物語」
  「君が代」は千代に一度(ひとたび)ゐる塵の白雲かかる山となるまで

・室町~江戸初期「御伽草子」
  「君が代は千代に八千代にさざれ石の
     いはほとなりて 苔のむすまで」

・江戸期になると正月の祝い歌としても用いられた
  徳川将軍の性質が、正月三が日に「手水(ちょうず)の式」という
  清めの儀式を行う時、「君が代」を唱えた

・明治中期
  天皇崇拝が強くなるにつれて、「君が代」の意味を取り違えて「君」は天皇で
  「君が代」は天皇の治世の代で、永遠に続くと解釈を変えた
  臣として民を支配するには天皇の権威が高い方がよい
  (週刊金曜日 1999年5月28日号)

  ※自由民権運動の高揚期にいつしか 君=天皇 になった


〇●〇君が代の曲の誕生〇●〇 

・1870(M3)
  薩摩藩(大山巌、野津鎮雄ら)で外国に国歌というものがあるのを知り   
  「天皇に対し奉る礼式局の必要性を感じ、
  薩摩琵琶歌『蓬莱山』に入っていた「君が代」を歌詞として
  曲をイギリス軍隊隊長J.W.フェントンに作らせた
  しかし荘重性に欠けると言うことで1876年廃止
フェントン作

・1880(M13)
  海軍省の養成で宮内庁雅楽課が作曲し、海軍省音楽教師F.エッケルトが
  和声を付けた雅楽調リズムの現在の「君が代」が完成
  初演は同年、天長節の宮中の宴であった
小学校唱歌

・1890(M23)
  教育勅語の発布以来、政府が学校教育の統制を強力に
  推し進めていく過程で普及していく

・1893(M26)
  「官報」8月12日 文部省告示第3号で、小学校に於いて祝日・大祭日の
  儀式を行う際、唱歌用に供する歌詞、並びに楽譜、
  別冊の通り選定した旨 通告 
    君が代古歌(略)林広守 作曲
林広守作曲

・1894(M27)~1905(M38)
  日清日露の戦勝による全国民的な国威発揚期に
  「君が代」の地位は決定的なものになった

・1904(M37)9月3日 大阪朝日新聞
おめでとう遼陽(町の名)も到頭、療養相叶わずとなりました。
旅順も今の間でしょう。
戦捷祝賀の声が盛んなことでしょう。心配というものは絶えぬもので当局者はまたまた提灯行列やなにやかやで君が代を奏するものが多いだろう。
君が代は皇室を寿ぎ奉る場合の外無暗に筝曲してはならぬということくらいは国民の心に泊めてほしいという。
皇室の歌あり、国家の歌あり。国民もまた不自由なるかな。
吾らは皇室の歌を国家の歌と思うているものを。


    
昭和 | 22:13:27 | Comments(4)
コメント
江戸時代の日の丸は何となく弱そうで可愛らしいです。これがロンドンオリンピックのメインポールにはためいたらと想像すると楽しくなります。
やはり白地の部分と赤丸の部分のバランス(明治3年)、それとその国の他国への影響などで、見る者にとって美しくも、或いは疎ましいものにも映るのですね。
2012-07-27 金 12:48:16 | URL | mike [編集]
本当に江戸時代の日の丸は可愛いですね。
旗に罪はないけれど、厭な思いを抱いている方たちへがどうしてそう思うようになったのか、歴史を学ぶって大切だなあと思います。
2012-07-27 金 12:51:51 | URL | ひさごん [編集]
こんにちは。

「君が代の歴史」には、「隆達節(りゅうたつぶし)」の第一首に挙げられている「恋歌」である旨の記述も欲しいところです。
江戸末期にもなると、遊女が客に対して歌ってたというのも…

そう考えると、民間に広まってた恋歌=ラヴソングを国歌にしてしまうというのは、何とも太平楽な平和的なモノだと思えてきます。
2012-08-16 木 09:56:17 | URL | えまのん [編集]
遊女の歌!
それは知りませんでした。びっくり。
先生にコメント欄を印刷してお渡ししておきますね。
ありがとうございました。
2012-08-16 木 11:00:42 | URL | ひさごん [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。