■講座内容と日程
■プロフィール

ひさごん

ひさごん

生活クラブ浦和の「近現代史連続講座」 善方一夫先生の講座のレポートです。

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■過去ログ
■カウンター
■戦争の作り方

戦争の作り方

■Keep9

banner

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
何故明治天皇は弘文天皇を皇統譜に付け足したのか
1/27
  
  004_20140224212251703.jpg
 教科書にある教育勅語の意味がわからなくて、先生に聞いたんですね。
 私が聞いたら先生は
 「これは神様の言葉だから、人間はわからなくていい」
 と言われたんです。
 神様の言葉だから絶対的に服従する、ということで 
 僕たちは教育勅語の中身を学んでないんです。

  009_20140221001009a6c.jpg



■ 天皇家による支配の合理化

7世紀まで日本の支配は天皇によるものだという認識はなかった。
8世紀の始めに天皇家が日本を支配することを正当化した史書
「古事記」712年、「日本書紀」720年、作られる。

・古事記 = 神の世の歴史
・日本書紀 = 人の世の歴史

★8世紀初頭の歴史書編纂年表
1_20140222222005ae5.jpg

★明治天皇が命じて書き換えられた皇統譜

38代の天智天皇、39代天武天皇の間に天智天皇の長男の弘文天皇を39代として入れた。
万世一系の天皇家として天智天皇の長男が入れられたが、母親の身分が低く立太子の式をあげていない。

壬申の乱で弘文天皇(大友皇子)に対して反旗を翻した伯父の天武が天皇になり、大友皇子は自殺する。
弘文天皇を入れることにより、壬申の乱はなかったことにした。

壬申の乱 - Wikipedia


■ 伊勢神宮と天皇家

古墳時代の5世紀に伊勢神宮が出来た。
伊勢神宮は当初は太陽神が天皇家の守り神として伊勢神宮に祀られた。
本来ならば太陽神信仰であった。

内宮は天照大神を、下宮は穀物神の天照の息子を祀っている。

江戸時代の一般大衆の伊勢神宮参りは農業神の下宮に参拝していた。

伊勢神宮だけが大御神でなく、出雲地方では大国主命が、茨城県では鹿島神宮の神様が大御神で、各地に伊勢神宮と同じような農業神信仰の対象があったが、明治以降は大御神は伊勢神宮だけとされた。

明治政府の教育で江戸時代の下宮人気は天皇家の祖先への人気とすり替えられ、天皇が日本国の主人公で、人間の姿をした神様であるということを盛んに教え込まれた。

伊勢神宮 - Wikipedia


■ 明治維新は近代か

1867年12月に王政復古で新政府が出来る。
幕府や摂関政治を無くして、初代の神武天皇に戻る。
天皇が全ての政治を行うということ。

・維新の維=天皇制で天皇が政治を行う
・維新の新=万民のための新しい世の中

★明治新政府は王政復古(諸事神武創業の昔へ復帰)が目標であった

★ヨーロッパの歴史では近代の始まりは市民革命によって国民が主権者になってから

★近代とは主権在民になってからなので、日本は敗戦まで近世だった

★1946年11月、現憲法が生まれ主権在民の国家になった


■ 明治維新以後の国づくりは何を原点としたか

・「皇国」復活

・士農工商が解体したが、市民でなく天皇が主権者となった

・支配体制を作るため天皇を現人神にした

・官僚が後ろ盾として天皇の権威を利用




 =これからの予定=

  1月~6月 9月~11月 毎月最終日曜日 10時から コムナーレにて


その他 | 02:49:40 | Comments(1)
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014-09-25 木 05:53:20 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。