■講座内容と日程
■プロフィール

ひさごん

ひさごん

生活クラブ浦和の「近現代史連続講座」 善方一夫先生の講座のレポートです。

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■過去ログ
■カウンター
■戦争の作り方

戦争の作り方

■Keep9

banner

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ロンドン海軍軍縮会議
善方先生の本が出来ました。
 「さくら ~ある少年の体験記~」
 先生の戦争で体験したこと、戦後どう生きてきたのか
 そのお話が紙芝居になり、紙芝居からこの冊子が生まれました。

 戦争で亡くなっていった多くの命とその無念の思いを決して忘れず
 二度と同じような世の中にしてはいけないと
 それが自分に課せられた使命であると常に熱い思いを胸に抱き
 多くの方との出会いに感謝し誠実に真摯に生きてこられた先生。
 たくさんの方たちに愛され尊敬されている先生の思いが
 こうして形になって本当に嬉しいです。 

 この本をご希望の方は冊子代100円でお分けしますので
 コメント欄にお書き下さい。

   さくら



浜口雄幸内閣とロンドン海軍軍縮会議

浜口雄幸内閣はなんとしても軍縮をまとめたかったが
海軍の反対派や右翼は強硬に抵抗した


当時の社会情勢

★田中義一内閣では財政拡大路線と中国進出により経済が悪化
 満州某重大事件によって田中内閣が倒れた後できた浜口雄幸内閣は
 経済立て直しのために軍縮と金解禁が政策の両輪であった

濱口雄幸 - Wikipedia

★軍縮は1921(T10)ワシントン会議以来の世界的傾向
 各国の建艦競争は国民に過大な負担
 ※戦艦一隻の建造費約3500万円、地租収入1ヶ年約7400万円
 ※日本の海軍費の推移 
    1921(T10)4億4300万円 → 1924(T13)2億2400万円

★1921.11.12~のワシントン会議では主力艦の制限が決まった

  (保有率) 英・米・日・仏・伊 5:5:3:1.67:1.67

★補助艦に関しては1927(S2)ジュネーブ会議で話が決裂

★アメリカで1929(S4)軍拡計画が承認されたことが刺激となり
 他国も大型巡洋艦建造競争となり国民の税負担増大し
 米・英・日・仏・伊からも軍縮を望む声が高まった

ロンドン海軍軍縮会議 1930(S5)1.21~

ロンドン海軍軍縮会議 - Wikipedia

★主席全権はかつての首相の若槻禮次郎
 (軍部を恐れて他に引き受ける者おらず)
 他に財部彪海軍大臣、松平恒雄駐英大使らが出席

★政府が若槻らに与えた訓令
 ①補助艦全体の対米比率を7割とする
 ②大型巡洋艦も対米7割
 ③潜水艦については78000トンの現有量を保持する

★若槻らは会議前11.30アメリカでフーバー大統領に対米7割の意向伝えたが
 アメリカは明確な言質を与えなかった

★開会後、各国必要な理由陳述するのみでトン数を明示せず
 若槻も脅威を与えず、受けず、実質的縮小という「無脅威縮小」の
 基本姿勢を述べるにとどまり実質的な討議は非公式会談で
 (公式に述べるとマスコミ発表され国民が騒ぐので会議の邪魔になるため)
 軍縮提案


★日本の最大の交渉相手の米は日本の対米6割を主張し交渉は難航

★若槻から浜口首相、幣原外相に協定不成立の見込みだが
 要求受け入れられなければ引き揚げる覚悟と打電

★政府から同日、決裂は国家の将来に大きな影響があるので
 なんとか海軍部内を動かす方法に出られたしと返電

★3.13日米妥協案が成立
 
 ・日本側、補助艦総括で対米6割9分7厘5毛 大型巡洋艦6割
 ・米側、3隻の機構をこうらせ1936(S11)までの条約期間中は7割
  潜水艦は5万2700トンで均等とする

軍縮に対する軍部の反応など

★3.15 妥協案受諾を了とする請訓電、外務省受信

 加藤寛治部長・末次信正次長(条約反対派急先鋒)に
 伏見宮軍事参議官や東郷平八郎が同調し絶対反対

 ※東郷平八郎は自らの実戦経験から対米8割を主張していた
  日露戦争の英雄ということで彼の主張は軍部の中で尊重されていた

★3.19 加藤寛治は浜口首相を訪ねて1時間以上反対意見を具申

★海軍内の条約批准派トリオ
 山梨勝之進海軍次官・堀悌吉軍務局長・古賀峯一先任副官は
 政治問題になることをおそれ岡田啓介軍事参議官に仲買を依頼

★3.26 海軍最高幹部会招集
 堀軍務局長提案の「今後の方針」審議、承認される
 海軍としては今一押しの全権の努力が欲しいが不採用でも政府に従う決定

★3.31 政府は全権請訓を受諾する回訓案を翌日閣議に提出
 首相は岡田、加藤、山梨を事前に招き回訓案提示するが
 加藤は「用兵作戦上、軍令部長としては責任とれない」

★4.25 浜口首相の施政方針演説後、幣原外相が演説
 「あくまで我国の自主性にもとづいて締結したものである」と力説

 野党の政友会総裁 犬養毅は
 「軍令部が反対する兵力量では国民は安心できない」 

 (歴史の皮肉で2年後軍部によって暗殺された)

 政友会幹部・鳩山一郎(右翼)
 「政府が軍令部長の意見に反し、無視して回訓を決定したのは
  統帥権の干犯のおそれがある」
         ↓
 浜口首相は統帥権に関して仮定の問題で答えられないと
 軍部をおそれて曖昧な答弁をした

★美濃部達吉東大教授は論文の中で兵力量の決定は
 国の外交および財政に密接に関係する事項であり
 国の政務に属し内閣のみが輔弼の任(国務大臣が全責任負う)
 にあたるべきもので軍令部に属するものではないと述べる

★5.19 財部全権一行が若槻全権より一足先に帰国
 加藤寛治軍令部長は海相の辞職と内閣崩壊をはかり
 上奏書を財部海相に手渡したが財部はそのまま預かっておく

★5.20 軍令部参謀、草刈栄治少佐が列車の中で抗議の自刃
 条約反対派は草刈を軍縮の犠牲として祭り上げた

★「海軍軍縮国民同志会」右翼が結成
 頭山満・内田良平・大川周明・北吟吉・岩田愛之助らが
 「ロンドン軍縮は米英の世界支配をねらった陰謀であり日本弱体化政策」
 と非難し右翼の大同団結運動を展開

          ↓
 このような右翼的土壌から11.14に右翼の佐郷谷留雄によって
 浜口首相狙撃事件がおこり、その傷がもとで5ヶ月後に亡くなる

 体制に反対する左翼の方は拷問され惨殺されたりしたが
 右翼の犯人は特赦で出られて戦後は右翼活動のリーダーに

★加藤軍令部長は直接天皇に政府を糾弾する上奏文を奏上
 天皇は財部海相に一任し、軍令部長を更迭し軍事参議官に任命

★帝国憲法ではいっさいの条約は枢密院の審査を経て天皇が批准

 7月枢密院に上程
 (右翼団体の総裁の)平沼騏一郎議長と伊東巳代治(親軍部派)は
 条約に反対し難題ふきかけ審議を引き延ばしていた
 ぶつかり合い

★元老の西園寺は高齢であったが枢密院が不条理なことを言えば
 首相は断固として議長、副議長を変えてもいいと支援表明

★民衆は軍縮を支持した
 民衆は熱狂し歓迎
 若槻全権の帰国には大衆が熱狂的に歓迎した

★9.17 最終審議委員会

 伊東は世論を見て保身のために賛成にまわり全員一致で可決

★新聞は枢密院と政友会の敗北と報道

★軍縮の浮いた予算は国民に還元されず

 1930(S5)年度予算 16億864万円

 1931(S6)年度予算 14億4800万円

 ・ロンドン軍縮条約成立で生じた剰余金5億800万の使途
           ↓
     3億7400万円の海軍補充費

     減税1億3400円(一戸あたり8厘)

★1931.3  3月事件 橋本欣五郎ら桜会が中心にクーデター未遂
  1931.10 10月事件 9月満州事変後に大川周明らがクーデター未遂


ロンドン条約と統帥権干犯問題は
軍部急進派と右翼団体の憤激と危機感をあおり
暗殺、クーデターの引き金となった。
昭和初期の日本は非合理の支配する
「狂気の時代」に近づきつつあった。

北一輝『世の中の大きな動きは理屈以上の力に依って動く』


 






昭和 | 23:07:57 | Comments(2)
コメント
1冊お願いします
来週お会い出来るなら、その時にお願いします。
2008-05-22 木 21:22:24 | URL | くまのピース [編集]
喜んで!
待ってますね。
2008-05-23 金 01:34:22 | URL | ひさごん [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。