■講座内容と日程
■プロフィール

ひさごん

ひさごん

生活クラブ浦和の「近現代史連続講座」 善方一夫先生の講座のレポートです。

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■過去ログ
■カウンター
■戦争の作り方

戦争の作り方

■Keep9

banner

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
天皇機関説事件
11/23
2008年11月23日

 今日、大嘗祭の行われる日が勤労感謝の日となり
 7月に明治天皇が北海道から帰ってきて高速艇で
 東京湾に上陸した日が海の記念日となりました。
 尊王思想の的確な表現として休日が制定されて
 私たちは本当に国民主権の国家として国を作り上げて
 私たちが主権者の一人として認められているのでしょうか。

独裁国家への道筋の事件

天皇機関説事件

 美濃部達吉
 美濃部達吉

 いつの間にかファシズムが日本を覆い天皇を神聖視して
 思想・学問の自由も失われてしまった昭和の事件。

◆天皇機関説論争

 天皇自身も政府も天皇機関説は定説であると考えていたが
 次第に軍部が力をつけてきて国体に反すると非難されだした。

 1930(S5) ロンドン海軍軍縮条約で政府は
        軍令部の意向に反した条約を調印したことを野党に
        「統帥権の干犯」と非難された。
        美濃部は進言し調印への理論的根拠を提供した。

◆1935(S10)
 2.18
  本会議で在郷軍人議員・菊池武夫が国体に反すると攻撃

 2.25
  美濃部達吉、貴族院本会議で天皇機関説の正当性を説く

 2.29
  江藤源九郎衆議院議員、美濃部を不敬罪で告発
  これを契機に右翼団体、機関説撲滅同盟を結成
  野党 政友会も同調

 3.4
  岡田啓介首相、議会で天皇機関説反対を表明後
  4月23日までに貴族院、衆議院、断固たる処置を要求

  教育総監真崎甚三郎、全陸軍に「国体に反するもの」通達

  在郷軍人会、排撃パンフレット15万部全国に配布

1954年の文芸春秋臨時増刊
「狙撃された天皇機関説」

 美濃部達吉さんの息子さんでお亡くなりになった美濃部亮吉さんが
 東京教育大学教授時代に父親の思いを綴った文章。

1954年文芸春秋臨時増刊
 
~内容をごく簡単に要約します~

★天皇機関説事件とは

■天皇機関説とは

 美濃部達吉に代表される
 戦前の日本の憲法の解釈のひとつで
 国家と言うのは一つの法人のような有機的な組織で
 天皇はその機関のひとつであるので
 天皇も国家に奉仕すべきもので憲法の制限がある。

■当時の政治状況

 満州事変から戦火は広がって、国内ではファッショ勢力広がる
 バックに軍部がついて右翼団体が強力な反対運動展開

 父の著書は30年間に渡って発売されて大学で講義され
 高等文官試験もそれに基づいて作られていたが
 ほとんど発禁処分となってしまう
 憲法概要

■機関説が攻撃されたわけ

 軍部は天皇を神聖犯すべからざるものに祭り上げ
 天皇の名の下においてあらゆることを独裁的に
 やってゆきたかったのであろう

■本だけでなく著者までも

 社会から葬り去らなければならないと考えた
 父は出版法違反で告訴され一切の公職を辞したが
 更に追求の手を止めなかった

■事件がおこる

 S11年2月1日ある右翼団体から派遣された刺客によって
 父の足が拳銃で撃たれた

★美濃部達吉の人となり

■庶民的で民主的

 痩せていてお酒が好きで映画と探偵小説が好き
 お酒がない時は国民酒場の前に並んだ
 何事によらず『特権』が嫌いで
 自動車に乗るのも大嫌い
 頑固で正しいことは通用すると確信していた
 空襲の時も疎開も防空壕も拒否して
 空襲の中座敷で頑張っていた
 頑固さと学者の良心で孤立無援の中で
 あれほどの激しい壓迫でも頑張りとおせたのだろう

 父を支持する人たちもいたと思うが
 右翼や軍部を恐れて誰も公然と支持しなかった
 ただ一人時の逓信大臣の望月圭介だけは父を擁護

 死んだのはS24毎晩晩酌をしていたのに
 ある日気分が悪いといってお酒を飲まず
 その日に発病して意識不明のまま死んでしまった

★「一身上の弁明」

■貴族院で菊池武夫に対する反駁

 S10.2.25 満員の貴族院で演説

 「一身上の弁明」

 菊池が機関説が反逆思想と断じ学匪とののしったことに対して
 S10.2.25満員の貴族院で弁明をする

 貴族院で証言

 理路整然と主要二点を説く

・天皇の統治は権利でなく機能であること
 国の最高機関として天下国家のために
 統治の大権をもっておられる

・統治の大権は万能無制限のものでなく
 憲法の条規に従ってのみ行いうる機能である

        ↓
 議会を無視して独裁的になんでもやろうとする
 軍部やファッショにしてみれば都合の悪い理論

■最後の言葉に拍手がおこるが

 若し私の学説に付て批評せられまするならば
 処々から拾ひ集めた断片的な片言隻句を捉へて
 徒に誹謗中傷の言を放たれるのではなく,
 真に私の著書の全体を通読して,前後の脈略を明にし,
 真の意味を理解して然る後に批評せられたいことであります。
 之を以て弁明の辞と致します。


 (貴族院の議場に万雷の拍手がおこる)

 父は政治家が嫌いであり、あまりにも学者的であった
 理論的に反対論を封じれば終わりだと思っていた
 しかしこれが始まりであった

★こうして機関説は葬り去られた

■政府により追い詰められてゆく

 右翼の排撃運動がエスカレート
 陸海軍も容認しないことを声明
 議会の権能を評価する機関説を政党(政友会)さえ反対

 外部からの圧力により政府も次第に態度が硬化
 「国体明徴」の声明を出して機関説を否定

 S10.4.6不敬事件として告発されたので取り調べうける
 (前日は満州国皇帝が日本を訪問し話題となっていた)
 4.9憲法の著書の大部分が発禁になった
         ↓
 精神的にも経済的にも打撃
 茅ヶ崎の別荘を売ってしのいだりした

■迷惑な護衛がつく

 十数人の巡査が護衛としてたむろし
 私人の費用は自腹なので食事代薪や炭の支給
 女中たちに悪ふざけされたりして厄介者

■舞い込む脅迫状

 そのころ毎日のように下記のようなばからしい脅迫状が届く

 「萬邦無比ナル我國体ノ尊厳ヲ冒涜スル天皇機関説ヲ
  多年ニ亘リ提唱且ツ大権ヲ私議スルハ将ニ逆賊ノ
  所為ナリト断ゼザルヲ得ズ
  我等ハ悲憤極マリナク斯カル國民ヲ惑ス学説ノ絶滅ヲ
  期スルモノナリ
  茲ニ皇民九千萬ノ名ニ於イテ敢エテ先ヅ貴下ノ反省ト
  虔澤ヲ促ス」

 それでも父は自説を曲げなかった

■公職辞退

 機関説排撃の運動は時と共に熾烈になっていった
 初めは同情的な新聞も次第に排撃的となる
 
 天皇は非公式に機関説は正しいとし
 美濃部は不忠の臣ではないと言ったが
 政府は軍部・右翼と天皇の間で進退窮まる

 不敬事件の起訴を断念した司法当局は
 出版法違反で起訴すると父を脅し
 公職を辞すれば起訴しないと内密に言ってくる
 右翼の暴力の危険もあると脅される

 誇りをもって政府の脅しにも屈しないつもりだったが
 年来の親友の松本烝治博士や近親のものの懇願で
 世間を騒がせた責任を感じ公職を辞退することを決心
 機関説の誤りを認めたのではないと声明を出す

■凶弾からファッショへ

 S10.9新聞に「学説の間違いを認めたのではない」
 というコミュニケを発表すると軍部が騒ぎ出し
 政府からも圧力があり父もこれ以上仕方ないと
 その声明を取り消した

 S11.2.1小田某と名乗る青年が吉祥寺の自宅を訪ね
 九州大学の父の教え子で満州への転任の挨拶といい
 果物籠を手土産に応接間に通された
 
 二階に本を取りに行って応接間に戻った時に
 青年が果物籠から斬かん状とピストルをとりだしてた
 見かけに似合わず敏捷な父は、いち早く戸外に逃げ出し
 門を出てとなりの空き地を逃走中、弾丸が足に命中したが
 逃げおおせた
 
 しかし十数名いた護衛中の警官たちは
 こっけいなことに、くもの子を散らすように逃げ去った
 
 天皇機関説は完全に葬り去られた
 ファッショは、天皇の名によってあらゆる悪事を働いた
 機関説の排撃は、独裁への道に横たわっていた
 最初の障害物であったのである


昭和 | 09:40:03 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。