■講座内容と日程
■プロフィール

ひさごん

ひさごん

生活クラブ浦和の「近現代史連続講座」 善方一夫先生の講座のレポートです。

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■過去ログ
■カウンター
■戦争の作り方

戦争の作り方

■Keep9

banner

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
仮想敵国と犬養内閣の経済政策
4/26
 <鳩山一郎が総理になった時に思ったこと>

     授業風景

ロンドン軍縮会議で軍部と手を結び反対を唱え
それ以降政治で軍部がリーダーシップをとる道を開き
思想統制で学問の自由を奪った鳩山一郎が
戦後内閣総理大臣になった時、彼の屋敷のあたりでは
住民が日の丸の旗を振って行進しているのです。
いかに日本人が昭和史を学んでいないのか。
事実を学んでいれば、あの人が首相になることを歓迎したのか。
残念ながら知らないことの怖さです。

戦後色々なことを学び、知らされなかった自分は被害者だと思ったが
ある先輩に話したら「知らなかったことが罪なんだよ」と言われた。
「知ろうとしなかったことも罪だ」と言われた時
僕自身も加害者だと気がつきました。
知らないことの怖さは知らないうちに加害者になっているということ。
それを戦後まもなく先輩の言葉でわかったのでした。




想定敵国 アメリカ・中国

 アメリカが台頭し日本の中国進出の邪魔をするようになる
 それに対して日本の中では次第にアメリカと戦うべしとなってゆく


★想定敵国の変化

「アサヒグラフ」1932.1.1号満州事変のすぐ後の翌年の正月の雑誌。
東京泰明小学校尋常科5・6年生男女児童『小学生座談会』より

子どもが日米開戦をあると思うようになったのは何故なのか。

記者 これから先き日米戦争が起こると思ひますか。

中島(孝子)
    わからないわ。

福沢(三郎)
    僕は起こると思ふ。
    アメリカ人は威張りくさって居るから、一度負かしてみたい。

加藤 米国人の高慢な鼻をヘシ折るために一度撃滅してみたい。

福富(ふみ子)
    私もそうして見たいわ。


★1923(T12)2.28 帝国国防方針改定、天皇が裁可
 
 「想定敵国「米・露・中の順とする」

 (想定敵国の一位がロシアからアメリカになった)

①ワシントン会議(1921.11~22.2)
 
 第一次世界大戦後国力の衰退したイギリスに変わって
 国力を蓄えたアメリカが中心となる国際秩序が成立
         ↓
       ワシントン体制

 日本が深く関わる協定は下記の二つ
 
  ・ワシントン海軍軍縮条約(主力艦)5:5:3:1.67:1.67

  ・9カ国条約
   (英・米・日・仏・伊・ベルギー・ポルトガル・オランダ・中国)
   中国の主権尊重、門戸開放、機会均等
        ↓
     アメリカは中国の利権で出遅れていたので
     この条約で有利になる

②日本にとって不愉快なアメリカの対応

 アメリカ、国民政府(南京1927.4成立)による国家統一を支持
 国民政府が作る満鉄並行線建設に投資

 1920(T9) カリフォルニア州、第二次排日土地法成立→諸州に波及

 1924(T13) 排日条項を含む移民法アメリカ議会で成立
         日本政府抗議(5.31)

 米政府は日露戦争後(1905年)日本を仮想敵国とした
 「オレンジ計画(オレンジプラン」を練り上げてきた。

 ※オレンジプランではウィルソン大統領が各国を色で呼んだ
   米=ブルー 日本=オレンジ 英=レッド 独=ブラック etc.

 ※日本海軍も第一次世界大戦後のベルサイユ条約調印(1919)から
   アメリカとの戦争を予測して潜水艦作戦準備に着手していた

③反米感情が醸成されてゆく

 1920(T9)  佐藤鋼次郎「日米若し戦はば」
 1924(T13) 石丸藤太「日米戦争、日本は破れず」
 1925(T14) 川島靖治郎「日米一戦論」

 各地で反米抗議集会が開かれ開戦が叫ばれた

★1918(T7)6.29 中国を想定敵国に追加

日本は段祺瑞内閣を支援し中国国内では反発も

 1917(T6)7.20 寺内正毅内閣、閣議で対華政策決定
 段祺瑞内閣(北京政府・北方軍閥)を財政援助し南方派を援助せず
 南方派=孫文大元帥が広州に軍政府樹立
          *当時の中国の状況*

1917第一次広東軍政府、1921第二次広東軍政府
ともに軍閥の寄り合いであったため潰れる
1923第三次広東軍政府が孫文が大元帥となり成立

1923孫文は大元帥に就任する前月に日本へ行く途中のソ連のヨッフェ
(ソビエト外交中心人物)と日露友好関係を結ぶために会談をしている
孫文は支援する相手としてロシアを想定
根本方針は「連俄容共」or「連ソ容共」
国民党と共産党が力をあわせることに決めた
ヨッフェは中国のソ連的な国づくりを提案するが
孫文は国情に合わないと拒否する

1924.1 国民党の第一回全国代表大会 →中華民国

1925.3.12 孫文没

孫文のもとでロシアに留学していた蒋介石は国家統一は
民衆の力をバックにしないと無理だと学んでいた
孫文の死後、蒋介石はクーデターをおこし反共に転ずる


 1918(T7)
   5.15 中国要人調印反対と南北和平会議を要請
   5.16 日華軍事協定調印
      (シベリア共同防衛のため日本軍派兵、中国協力義務)
   5.21 北京で協定反対、段祺瑞打倒を訴え学生2000人デモ
   8.24 北京政府 ウラジオストックへ出兵宣言発表


犬養内閣の成立

 高橋是清蔵相により経済立て直しが図られるが
 次第に軍部の影響力が増大してゆく


★若槻禮次郎内閣の総辞職

金解禁の混乱の責任をとって総辞職したとなっているが実際は
安達謙蔵内務大臣が野党との連立内閣提案が
閣内で否定され内務大臣を罷免して総辞職した

安達は天皇絶対主義の皇道派である荒木貞夫陸軍大将と近く
軍の力を利用して次の内閣で実権を握ろうと狙っていた
その事実を知ったのが西園寺公望で犬養に伝える
安達は犬養内閣に入れず最右翼政党を作る

★1931.12.13 犬養内閣成立

荒木は陸軍大臣となる

文部大臣となった鳩山一郎(政友会)はロンドン軍縮会議で
軍部と手を握り調印の反対の先頭に立って若槻内閣(民政党)打倒
軍部独走の道を開いた政治家
また、滝川事件で学問の自由を奪った

高橋是清蔵相の任務

①国内 恐慌からの脱出

②国外 軍備強化(軍事費増加)


初閣議で金輸出再禁止を決定

1)インフレ政策(低金利貸付・公債発行)で景気回復し
 “国の生産力”を引き上げる


2)ケインズ革命(国家独占資本主義的政策)

投資乗数の理論(1929.11「緊急政策と金解禁」随想論)
1936(S11)ケインズが完成させた投資乗数理論

「1年5万円の生活する人が倹約して3万円で生活し倹約して3万円を以てって生活し2万円を貯蓄する。これを国の経済上からみると倹約によって2万円分の物質の需要が減る。それによって国家の生産力は低下する。
待合で芸者をよんだり贅沢な料理を食べて2戦円費消したとする。料理代は料理人の給料の一部となり、料理に使われた魚類、肉類、野菜、調味品の代価、それらの運搬費ならびに承認の稼ぎ料として支払われる。これらの代金を受け取る生産業者や商人はそれを以て各自の衣食住等に費用を充てる。芸者代は芸者の食料、納税、衣類、化粧品等の代償として支出される。
今この人が待合へ行くのをやめて2千円貯蓄すれば銀行の貯金が増えるが、その金の効果は2千円を出ない。
然るに待合で使ったと知れば諸般産業の上に20倍、30倍になって働く。国の経済から云えばこのほうが望ましい訳である」
             ↓
国全体び経済運営に財政が大きな役割を果たす

1936「雇用・利子および貨幣の一般理論」
自由放任経済(古典派経済学)では失業をなくし、完全雇用を実現することは出来ない。雇用水準や生活水準は国全体の有効需要の大きさで決まるので、政府が積極的に経済に介入し公共投資により需要を増やすことが完全雇用につながる。


3)管理通貨を前提とする公債政策で景気浮揚策

 日銀補償発行限度額 1932(S7)1億2000万円から10億に引き上げ

 低金利政策で赤字公債が金融市場で無理なく消化
 巨額な軍事費・時局匡救事業費の調達

  ※1932年ごろ経済回復に向かった

4)1935(S10)以後、公債消化率低下し悪性インフレの特徴


  年末残高98億 → 1936年度予算 軍事費削減、公債漸減

 陸軍はあくまで軍事費の増額を要求、杉山元(はじめ)参謀
 首相官邸にのりこみ直談判にも及んだ
          ↓
    軍政と統帥の混乱再び顕在化

 予算編成で公債漸減は実現したが軍事費突出容認
          ↓
      歳出額の45.8%

5)高橋財政の評価

 ・小型ニューディール(福祉国家的コースを志向)財政
 ・軍事インフレとファシズムを招いた財政

 この時期までに独占資本(寡頭金融資本)=財閥と
 軍部ファシストが天皇制国家の主人公となる


<資料>

・対外政策
 為替相場の意図的低下で円安を利用して輸出の促進

 対外政策

・対内政策 膨張政策

 対内政策

・軍事費の増大

 軍事費の増加



昭和 | 17:33:17 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。