■講座内容と日程
■プロフィール

ひさごん

ひさごん

生活クラブ浦和の「近現代史連続講座」 善方一夫先生の講座のレポートです。

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■過去ログ
■カウンター
■戦争の作り方

戦争の作り方

■Keep9

banner

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ファシズムの抬頭
5/24   
   5月24日善方先生

澤地久枝さんの母方の祖母は道楽者の祖父を頼らず若い時から貝の行商で暮らしをたてていました。わずかな稼ぎの中から少しずつ貯めて当時としてはかなりまとまったお金を持っていたが60歳の時の恐慌の取り付け騒ぎで全てを無くしてしまったのでした。それ以降稼ぎはたんす預金にしました。底辺の人々は救済されなかっのです。

澤地さんは自分の心臓手術の前に、歴史の本に残ってない庶民の歴史を書かねばと思ったのでした。


ファシズムの抬頭

■ヨーロッパで

ヨーロッパでは1920年代資本主義が危機を迎えていた。
中産階級が没落し将来に対する不満が出てくる
その不満の捌け口として

 ○ユダヤ人の敵視
 ○共産主義(一党独裁)に対する敵視 

■日本で

日本では経済恐慌と中国の辛亥革命の影響で
社会主義に傾きかける

 ○天皇制という国家体制を守るため右翼が軍部の後押し

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

★右翼運動の高まり
一番激しくなったのは19世紀終わりの戦争恐慌で
労働運動が広がってゆくのに比例して活発化

1.1930(S5)4.22ロンドン海軍軍縮条約調印
 政友会が条約問題で浜口内閣を攻撃(右翼に同調)
 軍令部長らが統帥権干犯論争
 東郷平八郎らが財部海相を攻撃
 11.14浜口首相が東京駅ホームで佐郷谷留雄に狙撃され重傷
  ※元関東軍特務機関・陸軍の桜会が三月事件に関係
  ※佐郷屋の背後関係の追及は不十分

2.西園寺公望の秘書の記録『西園寺公と政局』によると
 「裁判所は左傾に厳しく、右傾に甘い」
 テロ犯人の佐郷屋は恩赦で無期懲役を40年仮釈放

3.右翼の運動
 1881(M14)玄洋社 1901(M34)黒竜会から始まる
右翼団体

黒竜会が出来た1901年の社会の動き
・5.20 社会民主党結党(即日禁止)
・6. 3  日本平民党届出(再び禁止)
・10.10 田中正造、足尾鉱毒事件(古河財閥)で天皇に直訴

★右翼の思想家 北一輝(輝次郎)

・1883~1937 佐渡の醸造家の長男 早大の聴講生となる
・明治末23歳で幸徳秋水らの社会主義を批判
・国体論を強調した「国体論及び純正社会主義」を著す
 ※天皇制の元での社会主義=(復古)革新思想
・平民社同人と交わるが失望し中国革命党に入党
・辛亥革命に参加したが、孫文に反して中国から追放された
・中国革命はロシア革命の影響で五四運動に転換
・混迷を深めた北に上海に渡った大川が帰朝し指導を求めた
・1919(T8)8 猶存社結成、大川周明と新しい国造り目指す
・「日本改造法案大綱」を書いた
・この書は軍部のファシスト将校たちのバイブルとなった
・二・二六事件の後理論的指導者として処刑される
「日本改造法案大綱」とは

・小領土の日本は大領土を占有しているイギリスやロシアと戦う権利を有する
・英・露をアジアから排除し、日本を盟主とする大アジアの建設
・そのために天皇を奉って国家大改造を行う。
・階級闘争の終結
・家族と貴族院の廃止
・個人財産100万円以内、私的資本は1000万以内
 それ以上は国営国有、時価10万以上の土地所有禁止
・天皇大権を発動して3年間憲法を停止し戒厳令をしく

◆その問題点
唯一の思想に傾くと怖い
天皇制について考えず神という存在をそのまま受け入れている


★右翼の思想家 大川周明

「吾等の志」 (『月刊日本』S7年)より
・神武会は政党に非ず
 国民全体で現存勢力を倒す国民運動
・神武会の目ざすところ
 国家革新の国民運動で神武天皇の頃に戻る
・国家改造の第一歩
 根本的政策の断行(天皇制国家)
・国民全体の努力
 全国民の総努力による無私の奉公
・如何に改革するか
 世界ではロシアの右傾化、ドイツの左傾化
 日本ではこの範囲、程度の改革を実現し国難を克服
・新興団体と神武会
 愛国団体の大同団結は難しいがいつかきっと実現

          ↓
国家が最高の価値を持つ、社会主義+国家主義
  
ドイツでは第一次世界大戦後の賠償金の支払いによって
物価が上昇し生活が苦しくなった
その時ヒトラーが賠償金不払いを訴えて
国家社会主義の立場で底辺の人々を引き付けた
超国家主義(ウルトラナショナリズム)
日本では天皇中心の国体思想とファシズムが結合

神武会の復古しそうには吉田松陰の言葉が出てくる
天皇のもとに結集することが我らの幸せ

★国家主義が是認されてゆく背景

帝国主義戦争であった日清・日露戦争で
日本は帝国主義国家として成長してゆく
  ↓
日清戦争後、勝って豊かになったことで味を占めた
  ↓
日露戦争後は借金をして戦争をしたので
外債を返さなくてはいけなかった
  ↓
税金が上がったので取り返せばよい
  ↓
21カ条の要求


昭和 | 08:28:16 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。