■講座内容と日程
■プロフィール

ひさごん

ひさごん

生活クラブ浦和の「近現代史連続講座」 善方一夫先生の講座のレポートです。

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■過去ログ
■カウンター
■戦争の作り方

戦争の作り方

■Keep9

banner

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
若い君やあなたに伝える「侵略の数字」
近現代史講座はきちんと開催されていますが
二回続けて私がお休みしてレポートが滞っています。

今日はお友達が教えて下さった「平和のために」
副題が ~若い君やあなたに伝える「侵略の数字」~
という詩をご紹介します。

        「平和のために」
  若い君やあなたに伝える「侵略の数字」

                              H・I
            
  今から50年以上前のこと
  1931年9月18日から
  日本は15年もの間戦争をしていました

  満州事変が1931年9月18日
  中国東北部奉天の柳条湖での鉄路爆破が
  戦いのはじめでした

  支那事変は1937年7月7日
  中国河北の盧溝橋での一発の銃声が
  この戦いのおこりです

  そして世界戦争への拡大
  1941年12月8日
  これは日本軍が太平洋上の真珠湾を
  空から奇襲攻撃したのがきっかけです。

  次つぎとおこされた十五年戦争は
  どれもこれも日本がしかけたものでした

  けれども当時日本人の大多数の人びとや
  あなたと同じ年頃の少女だった私らは
  柳条湖の燥破も盧溝橋の銃声も
  申国軍がしかけたと教えられ、信じこみ
  真相を知ったのは敗戦の後
  しばらくたってからのことでした

  君たち あなたたち
  この15年間の数字を
  どうか よォく見て下さい

  日本中の人びとがだまされつづけた間に
  32万余だった日本の軍隊は
  848万人になりました。 (注)
  そのうちあなたと同じ年頃の少年兵もふくめて
  248万人が戦死しました

  日本や海外で兵隊でもない人びとが
  原爆やら空襲やら
  80万人も殺され
  236万人が家を失い傷つきました

  ナチスが殺害したユダヤ人の数は
  600万人といわれます
  けれど侵略日本の銃火で殺された
  中国、朝鮮、アジア人の数は
  実に2千万人以上です。

  あなたは聞くでしょう
  この戦争をはじめたのは誰なの
  軍人? 政治家?
  どうしてイヤだといわなかったの
  そう はじめたのは少数の支配者
  でもその手先に使われたのは
  大多数の国民わたしたちや
  わたしたちの父母
  祖父母です
  あの時教育され
  マスコミにそそのかされ
  いつの間にか殺し屋の手先になった
  私たち 私たちの親たち

  今 君にあなたにそのことを伝えたい
  再び私たちは殺さないか
  再び私たちは殺されないか
  私たちは二度とだまされないか

  本当にだまされないというために
  しっかりとこの「数字」を伝えたい

  君たち あなたたちに
  しっかりと。


     (注)厚生省援護局1964年調べ


昭和 | 12:00:20 | Comments(2)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-02-04 金 13:09:37 | | [編集]
深謝
ご指摘ありがとうございます。
入力ミスでした。訂正しておきます。
2011-02-04 金 13:18:41 | URL | ひさごん [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。